トニー・ペロテット

人物・団体ページへ

古代オリンピック 全裸の祭典 河出文庫

トニー・ペロテット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467061
ISBN 10 : 4309467067
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
278p;16

内容詳細

古代ギリシアのオリュンピアで、紀元前八世紀から実に千二百年もの間、四年に一回、一度も欠かさずに続けられたオリンピック。短距離走、長距離走、五種競技、格闘技、戦車競走などを迫力満点に再現し、一方で食肉市場、娼婦たち、芸術祭、賭けや賄賂など、競技場周辺の大騒ぎもつぶさに描く、熱狂と興奮の一冊。

目次 : ゼウスに愛をこめて/ スポーツに溺れたギリシア人/ カウントダウン/ オリンピック訓練所―ギムナシオン/ スポーツファンの苛酷な試練/ 競技場周辺の空騒ぎ/ 栄光をめざして―開幕!/ 血に染まるトラック―戦車競走/ サバイバルの五種競技―ペンタスロン/ 勝利の晩餐/ 聖なる食肉市場/ 芸術を愛さざる者、立ち入りを禁ず/ 不朽の名声を求めて/ 聖地に降った槍/ 忘れられた女神たち/ 勝利か死か―格闘技/ 医師たちの苦悩/ 宴のあと

【著者紹介】
トニー・ペロテット : オーストラリアのシドニー出身。旅行・歴史ジャーナリスト。アジアや南米などを旅して新聞・雑誌に寄稿。ブエノスアイレスでの特派員生活を経て、ニューヨークを拠点に活動

矢羽野薫 : 千葉県生まれ。慶應義塾大学卒業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • じぇろポーta さん

    聖火リレーはナチスの想像の産物。当時も八百長不正が横行した舞台裏。栄光は勝者のもの。敗者は恥辱にまみれろ(スポーツマンシップなど古代ギリシア社会には無い)。脳みそまで筋肉でできてんのか?とツッコミたくなる最期を遂げたレスリングの英雄たち。ヒトラー(ナチス)がスパルタを大好きなのはそりゃそうだよね。お似合いすぎる。一般に現代人が考えるよりはるかに信心深い古代ギリシア人。オリンピック最大の目玉は競技そのものではなく主神ゼウスに一千頭の牡牛を捧げる儀式だった。さくっと読めて当時の観客たちの熱狂具合が伝わる良書。

  • bittersweet symphony さん

    政治やマーケティングやおもてなしの精神ではなく、個人の強烈な意志力こそが本当はオリンピックのコアになるべきだという事が如実にわかる内容。

  • ハル2 さん

    古代も今も変わらないことが有るなんて驚きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品