デーヴィド・ブリン

人物・団体ページへ

プラクティス・エフェクト

デーヴィド・ブリン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150106751
ISBN 10 : 4150106754
フォーマット
出版社
発行年月
1986年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
428p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • つるら@turulaJB さん

    単発だけど好きな話。タイトルの意味が判明したときはなるほど!となった

  • サスケ さん

    ★★★★☆ □ブリンの他の本とは一味違うが、これもいい。強いて言えば、ポストマンに近いかも。 □プラクティス効果という、我々の宇宙とは違なる物理法則が存在する世界での、愛と冒険と知恵の物語。 軍事力にて王にならんとする男爵や謎の姫君が出てきて、まるでヒロイックファンタジーのようだが、最後に、この世界の合理的な説明がなされる。 SFとファンタジー両方好きにはたまらない構成です。 敵役ながら、クレマー男爵のやり手ぶりも見事。実は、ものすごく賢そうだ。

  • 詩歌 さん

    知性化シリーズとは異なる意外な軽さ。「異世界に行ける装置」はSF・FT。行き先が未来ならSF、だとしたらツッコミ入れたい世界だったらFT?

  • 空乃 さん

    おもしろかった!多分軽めのSF。 物理法則?基本的な概念の違った異世界の常識を考えるのって、とっても難しいんだろうなぁと思った。地球の知識と、不思議な「プラクティス」が作る即席相乗効果で切り抜けるピンチ!わくわくした。  だけど、だけど、終わり方っ!!!最後一度にどっさり情報をくれたけど、全部想像しろってこと?難しいわ……

  • ilhan007 さん

    プラクティス効果のアイデア一本勝負という感じだったが、なかなか読みやすく面白かった。車輪やプロペラなど、現代の知識や発明で中世の軍を相手に立ち回るところは、戦国自衛隊を思い出した。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品