デーヴィド・ハーバート・ローレンス

人物・団体ページへ

影 百年文庫

デーヴィド・ハーバート・ローレンス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591119129
ISBN 10 : 4591119122
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,142p

内容詳細

日本と世界の文豪による名短篇を、漢字1文字の趣に合わせて1冊に編むアンソロジー。本書は、ロレンスの「菊の香り」をはじめ、平凡な日常に潜む厳かな陰影を描いた3篇を収録。

【著者紹介】
ロレンス : 1885‐1930。イギリスの小説家、詩人。小学校教員を経て、作家デビュー。自伝的小説『息子と恋人』で作家としての地位を確立

内田百〓 : 1889‐1971。岡山市生まれ。本名栄造。中学時代より夏目漱石に心酔し、門下生となる。東大卒業後、大学などでドイツ語を教えながら執筆を続け、随筆集『百鬼園随筆』がベストセラーに。風刺とユーモアに満ちた名随筆は多くの読者を獲得した

永井龍男 : 1904‐1990。東京・神田生まれ。16歳で応募した懸賞小説が菊池寛に評価される。1927年に文藝春秋社に入社。雑誌の編集に携わり、芥川賞・直木賞の設立にも関わった。戦後は執筆に専念、多くの名短篇を残し、81年に文化勲章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 風眠 さん

    事故で死んだ呑んだくれの夫。亡骸を前に「それにしても、なんと形だけの夫婦だったのだろう」という妻の冷めた感じが、不思議な哀切を連れてくる『菊の香り』(ロレンス)のリアル。自分は死んでいるのか、生きているのか。夜のあわいに何もかもが曖昧になってゆく『とおぼえ』(内田百閨jの不安感。婿の再婚で、家を出る事にした登利。真白な雪を燃やすような夕日と、登利の心が交錯したラストシーンが印象的な『冬の日』(永井龍男)。炭鉱、帰り道、引っ越し。描かれるのは日常の風景。夕闇にのびる影は、時に見える風景を変える魔力を持つ。

  • Rie【顔姫 ξ(✿ ❛‿❛)ξ】 さん

    百年文庫初めて読んだ。読友さんが永井龍男の「冬の日」を激賞していて、自分も教科書で読んだ「くるみ割り」が印象に残っていたので。「影」というタイトルだけあって、永井龍男だけでなく、チャタレイ夫人の恋人で有名なDHロレンスも、幽霊話の内田百聞もそれぞれ違った意味での不安な気配を醸し出していて想像力が刺激される短編集。日本人と外国人の作家の作品をまとめているのが面白い。往年の大文学者達だけあって、文章の味わい深くクオリティが高い作品ばかり。しかも短くて読みやすい!

  • 鯖 さん

    墓場のそばで商う氷屋、飛ぶ人魂、喉をさすラムネ、怪談のような落語のような内田百閧フ「とおぼえ」がよかった。夏目漱石の弟子で、漱石の幻想的な部分を引き継いだとのことだけど、夢十夜あたりを百閧フ文体で読んでみたくなった。娘が亡くなった後に、婿(33歳)と孫(4つ)と暮らす祖母(44歳)が決断を迫られる永井龍男の「冬の日」…絹ごし豆腐のような文体とのことだけど、生々しい絹ごし豆腐だった。面白かったです。

  • ぐうぐう さん

    影とは、静かに忍び寄ってくるものである。だからこそやっかいであり、怖いのだ。怖いと言えば、内田百閨uとおぼえ」の怖さは尋常じゃない。なぜにラムネなのか、なぜに遠吠えなのか、そこに理由はない。影のように、いつのまにか忍び寄り、取り憑かれる。理由がないからこそ、その影は、引き剥がせないのだ。

  • 遠い日 さん

    ロレンス、「菊の香り」。夫婦というものの光の当たらぬ部分を、死んだ夫を前に切に感じる妻の心が痛々しい。役割としてのお互い以外の存在を垣間みたふるえ。内田百閨A「とおぼえ」。よく知られた幽霊噺も織り込みつつ、まさに怪談の真髄。身の内からぞわぞわと蠢き立つものあり。永井龍男の「冬の日」。圧し込めたひりひりとした熱情を洩らすまいとするほどに、焦がれる思い。断ち切るときの傷みを自分で引き受ける覚悟。女の情感をこれほど抑えて、これほど豊かに描ききれるものなのか。秀逸。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品