デール・カーネギー

人物・団体ページへ

こうすれば必ず人は動く

デール・カーネギー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877713317
ISBN 10 : 487771331X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
308p;16

内容詳細

人の心を開かせる話し方と聞き方がよくわかる、あの伝説のラジオ講座がついに文庫で登場!D・カーネギーの指導のもと、人の心を動かして成功した第一人者や市井の人々が次々と再現していく究極のカーネギー・ライヴ。

目次 : 人を非難する前にしておくべき心の手続き/ あたり前のことをあたり前にして成功する方法/ 誰もあなたには関心がない/ 愚かなことで人を動かせば、破滅しかない/ 年齢は付加価値である―とればとるほど価値は増す/ 空しい勝利には挑むな―議論に勝ってすべてを失うこともある/ 小が大に勝つ―敵対者を味方につける効果的な方法/ ホワイトハウス・ギャングの教え―相手の波長に合わせて相手を支配する/ 友、遠方よりわざわざ来たる―ちょっとした方法が強力な磁石となって奇跡を生む/ 成功に占める「知識」の割合は15パーセントに過ぎない〔ほか〕

【著者紹介】
デール・カーネギー : 1888年、米国ミズーリ州の農家に生まれ州立学芸大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソンなど雑多な職業を経て、YMCA弁論術担当となり、やがてD・カーネギー研究所を設立。人間関係の先覚者として名声を博す。1936年に『How To Win Friends and Influence People(邦題:人を動かす)』を出版するや、一躍全米でベストセラーとなった

田中孝顕 : 1945年1月生まれ。国学院大学法学部卒。総理府(現・内閣府)事務官(公正取引委員会事務局“現・総務省/公正取引委員会”)、東急不動産(株)企画部、総務部を経て、1973年4月、SSI人材活性研究所を設立。1979年2月、(株)SSI人材活性研究所“商号はその後、(株)エス・エス・アイに変更”を創業し、代表取締役社長・最高経営責任者に就任。2007年株式会社エス・エス・アイ退任、現在、同社最高顧問となる。『SSPSシステム』を開発、『ナポレオン・ヒル・プログラム』その他、各種プログラムを翻訳・開発した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うめ さん

    読んでる最中には、明日からやろう、と決め、しばらくは続くものの。継続出来ているとは思えないのでやっぱりカーネギー本は定期的に読まないと‼︎

  • rn さん

    【koindle U】「道は開ける」に続き読んだカーネギー。エピソードが非常に具体的であり、古さを感じさせず、何か実践してみようと思わせてくれる内容でした。◎「人間性の最も深い所にある動機は、認められたいという強い願望である」「人を指導するということは、普通そんなに難しいことではない。その人がある分野で持っている脳力に対して、心から敬意を表せばよいのだ」「人間性の最も深い部分にある衝動、それは自分が重要な人物であるという認識を得たいという欲求である」

  • 原口 南 さん

    失敗談と成功例が分かりやすい。場面を想像して読みました。見事に失敗例が自分に当てはまり、これはいかん、と成功ノウハウをメモメモ📝✒。 ただし、一回読んだだけで頭に入ったわけではなく、何か試して成功したと実感しているのでもない。ただ、読んだだけ。実践する、継続するのがすこぶる難しそうだと思います。

  • riviere(りびえーる) さん

    若かりし頃に読んだベストセラー本『道は開ける』『人を動かす』の著者D・カーネギーの本。読友さんのレビューを読んでなんか懐かしくて、久しぶりに手に取ってみた。今読むとちょっとクラシックな感じもするけれど、社会心理学や行動療法に通じるところもあって興味深かった。理屈よりも具体例の提示で人の心を動かしていくところが参考になる。「年齢は付加価値である」なんて若い時より今読んで励まされる。人の名前を覚えましょう、メモしましょうとかは今の私にピッタリのアドバイスです(笑)。

  • PONSKE さん

    人に良い影響を与え、自身の悩みも解決するノウハウが詰め込まれた本。この本がまとめてくれているのか、自己啓発本ではよく見かけるノウハウだった。自分に自信を持って、信頼する。つまり、自分を大切にする。一方で相手に感謝し、励まし、尊敬する。つまり相手も大切にする。とてもシンプルで、子どもの頃から習うものかもしれない。でも成長すると、なぜだかそのシンプルかことができなくなってしまうんだよなと思う。僕が克服したいのは、「自己憐憫」、「自分を主張しすぎない」、「名前を覚える」だ。最後のはとても難しいと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品