スカルダガリー 3

デレク・ランディ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784092905382
ISBN 10 : 4092905386
フォーマット
出版社
発行年月
2010年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
386

内容詳細

次々殺される中、ただ一人生き残った17歳の少年。彼を守るためにスカルダガリーとワルキューレは、次々と忍び寄る悪の化身たちと戦う…。謎の骸骨探偵と魔法の少女戦士が活躍する冒険ファンタジー第3弾。

【著者紹介】
デレク・ランディ : アイルランドの首都、ダブリン近郊に在住。『スカルダガリー』シリーズで小説デビュー。過去には“ゾンビー”や“切り裂き魔”の映画で脚本を担当

村上ゆみ子 : 著述家、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ドライオン さん

    まさかスカルダガリーがこんなことになるなんて。ワルキューレが黒魔術に傾倒して暗黒面に落ちないことを祈ります。 これからあのナルシスト少年はレギュラーになりそうですが、ワルキューレと共に成長していくのでしょうか。分身ちゃんのこれからも気になります。

  • Theodore さん

    全3巻読了。個人的には他の人が言うほど女キャラが活躍しているようには見えなかった。ワルキューレとチャイナはそれなりにかっこいいのだが、タニスはいつも怪我して退場するか使命に失敗しているし、その他悪役はほとんど野郎ばっかりなので……。とはいえ、物語としてはそれなりに面白かった。

  • MOMO さん

    三部作だと思ってたら、とんでもない状態でラストに・・・これって、どう考えても後2,3冊は続きそうねぇ・・・黒魔術師のリース君が結構メインでいろいろしてくれそうなので、ちょっと楽しみ・・・チャイナちゃんとタニスちゃんも、まだまだ活躍してくれそうだし・・・タニスちゃんにお熱の反抗的な17歳のフレッチャー君に関しては、今回の事件と経験で、ちったぁましな人間になってることを期待しとこぉっと! 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デレク・ランディ

アイルランドの首都、ダブリン近郊に在住。『スカルダガリー』シリーズで小説デビュー。過去には“ゾンビー”や“切り裂き魔”の映画で脚本を担当

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品