デズモンド・モリス

人物・団体ページへ

ふれあい 愛のコミュニケーション

デズモンド・モリス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582760163
ISBN 10 : 4582760163
フォーマット
出版社
発行年月
1993年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
419p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • m shika さん

    愛するということは、触れること、ボディタッチを意味する。 って書いてあった。

  • スガミ さん

    (B)表紙キャプションが気になって借りました。原著は1971年刊行とのことで、思想・発想のいくつかに旧時代な印象を受けつつも、本題自体は興味深く読めました。ふれあいの根源は愛。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デズモンド・モリス

動物行動学者。1928年イギリス・ウィルトシャー、パートン生まれ。バーミンガム大学で動物学を学んだ後、オックスフォード大学で、動物行動学(エソロジー)の権威、ニコ・ティンバーゲンに師事。人間の行動を動物行動学の視点から分析した『裸のサル』(角川文庫)は、世界的なベストセラーとなる。シュルレアリスムの

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品