高い砦

デズモンド・バグリィ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150402167
ISBN 10 : 4150402167
フォーマット
出版社
発行年月
1980年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
矢野徹 ,  
追加情報
:
457p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥 さん

    冒険小説の第一人者である彼の作品はどれ読んでも面白いけど、中でもこの作品がいちばん好きだ。雪山に不時着した飛行機に残された僅か十人の民間人。襲いかかる武装ゲリラとの戦い。手元には僅かな武器しかない。果たして彼らは戦いに勝ち、無事脱出できるのか?とにかくドキドキ・ハラハラの連続。そしてお約束のロマンスもあり。エンタメ系冒険小説の傑作だと思う。「われわれはまだ生きている・・・血が男の中に流れている限り、不可能ということはないんだよ。」なんとかっこいい。私の中では殿堂入りの作品。文句なしの5つ星。★★★★★ 

  • goro さん

    「血が男の中に流れている限り、不可能ということはないんだよ」バグリイの名言が物語る絶望的な状況の中で、あきらめない人々を描いた冒険小説であります。

  • ホレイシア さん

    御巣鷹山の事故の直後に読んだ。なぜかって新聞が読書欄に載せてたから。面白かったし「南海の迷路」にも出会えてラッキーだったが、今思うと時期的にどうかなーと思う。

  • バルサン聖人 さん

    雪山で、飛行機が墜落。物資もろくになく、しかも正規軍から攻撃を受ける中で戦うという、実に絶望的な状況の中から始まる冒険小説。戦いの中で命が輝いてゆく男達の背中を見事に書き上げた1冊。

  • ヨッシー さん

    非常に読みごたえのある一冊。ただのヒーローものにせず、シビアなリアリティも追求している所が見所。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デズモンド・バグリィ

1923年、イギリスのイングランド北西部ケンダルに生まれる。第二次大戦中は戦闘機の製作に携わり、戦後アフリカを渡り歩く。その後、ラジオ、新聞の仕事の他、映画演劇評や映画のシナリオなども手がけた。1963年に処女作『ゴールデン・キール』を発表して作家デビュー。1983年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品