デイヴィッド ガーネット

人物・団体ページへ

ガーネット傑作集 4 ビーニー・アイ

デイヴィッド ガーネット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309621944
ISBN 10 : 4309621945
フォーマット
出版社
発行年月
2006年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;20

内容詳細

目の異様な輝きからビーニー・アイという綽名をもち、殺人の発作に苛まれた無垢な男と、ひとつの家族が繰り広げる常軌を逸したドラマ。ブルームズベリー・グループの代表作家ガーネットの自伝的傑作中篇。

【著者紹介】
デイヴィッド ガーネット : 1892.3.9‐1981.2.17。イギリスの作家。文学の名門ガーネット家に生まれる。ロンドンの王立科学専門学校で植物学を専攻。第一次大戦が起きると良心的兵役拒否者としてヴァネッサ・ベルやダンカン・グラントと農耕生活にいそしみ、ブルームズベリー・グループの一員となった

池央耿 : 1940年東京都生れ。1964年国際基督教大学教養学部人文科学科卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ペグ さん

    図書館にて。久しぶりに東江さんの訳本が読みたくなり探していた時、ふと目にとまった池 央耿さんの名前。それがデヴィッド ガーネット「ビーニー アイ」でした。ウィリアム モリスの壁紙を配した静かな佇まいの装丁に惹かれ早速読みました。ヴィクトリア女王崩御と共に新しい時代へと変わりつつあるイギリス。人間の良心とは?狂気とは?作者の誠実な人々への眼差し。フランク オコナーに似た手触りを感じました。暫くこの作家を追ってみようと思います。

  • ロルカ さん

    一人称の主体が変わったり、三人称になったりと不安定な感じに最初違和感を覚えるが、なれるとまあこれでもいいかと感じてしまうから不思議。文体の面白さもあるが、時代感や人物描写が実にいい。当時のにおいが手触りのように感じられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デイヴィッド ガーネット

1892.3.9‐1981.2.17。イギリスの作家。文学の名門ガーネット家に生まれる。ロンドンの王立科学専門学校で植物学を専攻。第一次大戦が起きると良心的兵役拒否者としてヴァネッサ・ベルやダンカン・グラントと農耕生活にいそしみ、ブルームズベリー・グループの一員となった

プロフィール詳細へ

その他 に関連する商品情報

おすすめの商品