デイヴィッド・j・リンデン

人物・団体ページへ

快感回路 なぜ気持ちいいのかなぜやめられないのか 河出文庫

デイヴィッド・j・リンデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463988
ISBN 10 : 4309463983
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
追加情報
:
297p;15

内容詳細

セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、慈善活動……数々の実験とエピソードを交えつつ、快感と依存のしくみを解明。最新科学でここまでわかった、なぜ私たちはあれにハマるのか?

恋愛と性的興奮はまったく別物?ダイエットの失敗は意志の弱さのせいではない?ギャンブルは結果が出るまでの待ち時間がいちばん気持ちいい?セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、ゲーム、学習、エクササイズ、ランナーズハイ、慈善行為、瞑想…最新科学でここまでわかった、快楽と依存の正体。気になる科学トピック満載。

リンデン,デイヴィッド・J.
恋愛と性的興奮はまったく別物?ダイエットの失敗は意志の弱さのせいではない?ギャンブルは結果が出るまでの待ち時間がいちばん気持ちいい?セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、ゲーム、学習、エクササイズ、ランナーズハイ、慈善行為、瞑想…最新科学でここまでわかった、快楽と依存の正体。気になる科学トピック満載。

岩坂彰
1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に。訳書に、『ロボトミスト』、『心は実験できるか』、『「うつ」と「躁」の教科書』、『うつと不安の認知療法練習帳』、『西洋思想』など多数。

【著者紹介】
デイヴィッド・J.リンデン : 神経科学者。ジョンズ・ホプキンス大学医学部教授。主に細胞レベルでの記憶のメカニズムの研究に取り組むとともに、脳神経科学の一般向けの解説にも力を入れている

岩坂彰 : 1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミカママ さん

    【読メエロ部・原書】脳に関する研究は日進月歩、解明されていないことの方が多いらしいので、関連するご本を読むたびにワクワクする。前半で人間の快感の仕組みをざっくり解説。VTA(腹側被蓋野)がターゲットの軸索末端でドーパミンを放出することによって生じるんだけど、人間というのはすぐに耐性がついちゃう生き物なんだな、これが。エッチで得られるオーガズムの記事は、興味しんしん。オーガズムの快感は、食で得られるものよりは大きいが、ヘロインでのソレには及ばないとか。専門用語は飛ばし読みで多分OK、楽しゅうございました。

  • 皇 さん

    快感の回路とは、ある経験が脳内のドーパミンニューロンを刺激しドーパミン放出に至った際、その経験が快いものと記憶されポジティブな感情に関連付けられる、この一連の流れの事を言うのだそう。快楽を行動の報酬とする事で遺伝物質を次世代に伝えてきたとは、無意識に組み込まれた事でありながら何とも合理的な事です。依存症に陥る事で快感回路が鈍り、結果的に不足感と渇望しか感じなくなるプロセスも納得のいくものでした。オーガズム後に分泌される「オキシトシン」の効果には感動。あの幸福感で世界を平和にできないものでしょうか。

  • zirou1984 さん

    原題「快のコンパス」。最新の脳科学の本としてべらぼうに面白く、驚きと常識が覆る事例の数々に目から鱗が溢れだすような読書体験だった。20世紀半ばまで、人間の学習は懲罰さえあれば報酬/快楽は不要と思われていたという事実は社会的基盤を考えていく上で示唆に富んでいる。快というのを遺伝子やシナプスの働きによって解明させつつ、人間が学習や観念によっても同様に快を感じられるというのは興味深いし、依存症患者の問題は決して当人の責任ではないかもしれないが回復は本人の責任なのだという言葉も突き刺さる。これは文句なしのスゴ本。

  • かんやん さん

    脳の報酬系(快感回路)に注目し、ドラッグ(アルコール、ニコチン含む)、セックス、高カロリー食、ギャンブルetc依存症の仕組みと治療法を概説する。面白いのは、様々な実験の紹介。恋愛と性の脳にもたらす快感のちがいなど、科学者とは妙な実験をするものだ(笑)サルの脳スキャンによると、単にエサを貰えるだけでなく、そこにギャンブル的要素が入り込むと、ドーパミン放出量が増えるという。感想にナイス貰うと、やっぱり快感なんだろう。こうして人はSNS依存になる。活字中毒についても、ぜひ実験して欲しい……

  • Kouro-hou さん

    脳神経科学から語る「快感」のお話。小難しい話も入るが挫けるな!という訳で図版や化学物質の解説は親切で豊富。ドーパミンが出るのは楽しい事や嬉しい事、それこそドラッグ、飲食、ギャンブルや、社会的に認められること→慈善活動なども含まれる。お薬一度くらいで依存症にはならないけど、一度で神経が鋭くカスタマイズされてしまう話はドキドキ。依存症は精神論で克服すべきものではなく、依存症になってしまうのは本人の責任ではない。しかしなってしまった以上は病人が安静にするように、回復するのは自分に責任があるというのにはしみじみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品