デイヴィッド・j・リンデン

人物・団体ページへ

快感回路 なぜ気持ちいいのかなぜやめられないのか 河出文庫

デイヴィッド・j・リンデン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463988
ISBN 10 : 4309463983
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
追加情報
:
297p;15

内容詳細

セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、慈善活動……数々の実験とエピソードを交えつつ、快感と依存のしくみを解明。最新科学でここまでわかった、なぜ私たちはあれにハマるのか?

恋愛と性的興奮はまったく別物?ダイエットの失敗は意志の弱さのせいではない?ギャンブルは結果が出るまでの待ち時間がいちばん気持ちいい?セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、ゲーム、学習、エクササイズ、ランナーズハイ、慈善行為、瞑想…最新科学でここまでわかった、快楽と依存の正体。気になる科学トピック満載。

リンデン,デイヴィッド・J.
恋愛と性的興奮はまったく別物?ダイエットの失敗は意志の弱さのせいではない?ギャンブルは結果が出るまでの待ち時間がいちばん気持ちいい?セックス、薬物、アルコール、高カロリー食、ギャンブル、ゲーム、学習、エクササイズ、ランナーズハイ、慈善行為、瞑想…最新科学でここまでわかった、快楽と依存の正体。気になる科学トピック満載。

岩坂彰
1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に。訳書に、『ロボトミスト』、『心は実験できるか』、『「うつ」と「躁」の教科書』、『うつと不安の認知療法練習帳』、『西洋思想』など多数。

【著者紹介】
デイヴィッド・J.リンデン : 神経科学者。ジョンズ・ホプキンス大学医学部教授。主に細胞レベルでの記憶のメカニズムの研究に取り組むとともに、脳神経科学の一般向けの解説にも力を入れている

岩坂彰 : 1958年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。編集者を経て翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zirou1984 さん

    原題「快のコンパス」。最新の脳科学の本としてべらぼうに面白く、驚きと常識が覆る事例の数々に目から鱗が溢れだすような読書体験だった。20世紀半ばまで、人間の学習は懲罰さえあれば報酬/快楽は不要と思われていたという事実は社会的基盤を考えていく上で示唆に富んでいる。快というのを遺伝子やシナプスの働きによって解明させつつ、人間が学習や観念によっても同様に快を感じられるというのは興味深いし、依存症患者の問題は決して当人の責任ではないかもしれないが回復は本人の責任なのだという言葉も突き刺さる。これは文句なしのスゴ本。

  • 皇 さん

    快感の回路とは、ある経験が脳内のドーパミンニューロンを刺激しドーパミン放出に至った際、その経験が快いものと記憶されポジティブな感情に関連付けられる、この一連の流れの事を言うのだそう。快楽を行動の報酬とする事で遺伝物質を次世代に伝えてきたとは、無意識に組み込まれた事でありながら何とも合理的な事です。依存症に陥る事で快感回路が鈍り、結果的に不足感と渇望しか感じなくなるプロセスも納得のいくものでした。オーガズム後に分泌される「オキシトシン」の効果には感動。あの幸福感で世界を平和にできないものでしょうか。

  • Kouro-hou さん

    脳神経科学から語る「快感」のお話。小難しい話も入るが挫けるな!という訳で図版や化学物質の解説は親切で豊富。ドーパミンが出るのは楽しい事や嬉しい事、それこそドラッグ、飲食、ギャンブルや、社会的に認められること→慈善活動なども含まれる。お薬一度くらいで依存症にはならないけど、一度で神経が鋭くカスタマイズされてしまう話はドキドキ。依存症は精神論で克服すべきものではなく、依存症になってしまうのは本人の責任ではない。しかしなってしまった以上は病人が安静にするように、回復するのは自分に責任があるというのにはしみじみ。

  • サイバーパンツ さん

    「快楽」それは人間にとってなくてはならないもの。ときにはもっと先の「快楽」を求めて「快楽」のループから抜け出せなくなる「依存症」に陥ったりする人もいるけれど、それでもやはり人間は「快楽」を求めて生きている。そんな人間が将来、もし「快楽」を自由に操れるようになったらどうなるのだろうか。人間は「快楽」を希求することで進歩して来たのに「快楽」が満足に与えられる環境を手にしてしまったら、何もかもやめてしまうのではなかろうか。快楽のメカニズムの現状だけでなく、そんな未来も感じさせてくれる内容でした。

  • 柳瀬敬二 さん

    酔っ払いになりたがる動物達、鼻に性器を突っ込むイルカ、エーテルを飲んでケツから火を吹くアイルランド人。人間や動物達にとって快楽とはいかなる概念なのか。依存症とは果たして意志の弱い人間だけに関係するのだろうか。そして、人間の感情が脳内物質である程度説明できるのであれば、それらを自由に操作できる時代が訪れたとき社会に何が起こるのだろうか。単なる知見の紹介に留まらず、未来を垣間見させてくれるこの本は非常に示唆に富んでいる。一つ確実なのは、この本を読んだあとにタバコに手を出す人はまずいないだろうということだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 看護師におすすめの本 ナースのための薬の事典や、看護の現場ですぐに役立つ医療ガイドをご紹介いたします。 |2018年07月11日 (水) 12:00
    看護師におすすめの本
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした... |2018年01月16日 (火) 18:08
    NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品