デイヴィッド・マレル

人物・団体ページへ

夜と霧の盟約 上

デイヴィッド・マレル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150406462
ISBN 10 : 4150406464
フォーマット
出版社
発行年月
1992年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
282p;16X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • i-miya さん

    2014.01.16(01/17)(つづき)デイヴィッド・マレル著。 (01/15) 5. エリカは物陰に潜んだ。 接触者は、ソールにパンチを喰らわせた。 銃を出す。 ソールは男を殴り倒す。 銃声一発。 ガンマンたちまちのうちに、3人。 ソール、岸辺へ、ドナウに飛び込む。 ソールはどこから浮き上がってくるのか。 

  • i-miya さん

    2013.12.17(12/17)(つづき)デイヴィッド・マレル著。 12/11 (登場人物、おさらい) ソール・グリスマン=元CIA工作員。 エリカ・グリスマン=その妻。 ギャラハー=オーストリアCIA。 (p209) ギャラハーの指。 空手、クロオビ、保持者を象徴するタコ。 彼があくまでも私的復讐を希望するなら、好きにしていいだろう。 一体何事かと思う。 ロムルス家一家襲撃事件。 あばた男。 ラングレーの許可を仰ごう。 4. ソール、ドナウ河岸、ロムルス=ソール一家。   

  • i-miya さん

    2013.11.07(2013.08.20)(つづき)デイヴィッド・マレル著。 2013.11.05 (p202) ソール・グリスマン=元CIA工作員。 ところがその襲撃は、私的なものだった。 目標は、僕と僕の妻子だった。 あばたの男。 ロムルス=ソール。 君の言っていることは、わかりにくい。 報告するのにもすこし直接な表現がいる。 君、マイク、つけているじゃないか。 砂漠にいれば道徳心も手に入る。 2. 道をはさんで公園、その向かいは書店、そこにエリカはいる。 走り去るバン。

  • i-miya さん

    2013.08.20(つづき)デイヴィッド・マレル著。 2013.08.19 (髑髏、5.つづき) 5. ミネソタ州セントポール、ウィリアム・ミラー。 アウディのアクセル。 4か月前、父の失踪。 自宅へ、戻る、フルスピードで。どこなんだ、汚らしいもの、プールよ。 午後、私がプールにいっていた間のことに相違ないわ。黒い塗料で奇怪なしるし。 ◎闇の中のゲーム。 

  • i-miya さん

    2013.4.15(つづき)デイヴィッド・マレル著。 2013.04.15 父の失踪から7週間。 画家コミュニティ、エローラ。 山峡をスケッチしているところを誘拐された。 スケッチブック、木炭、画材ケースは100ヤード離れたピクニックテーブルの上におかれてあった。 立ち尽くすハロウェイ、たとえ父が死んでいたとしても、アイシクルとセトという強い武器、朗報。 父に叩き込まれた経営手腕、契約は守らねばならない、巨額の請求書を送っている。 

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

デイヴィッド・マレル

1943年カナダのオンタリオ州生まれ。ペンシルヴェニア大学でアメリカ文学を専攻し博士号を取得。アイオワ大学で教鞭をとるが、そのとき発表した処女作『一人だけの軍隊』(1972年)が映画「ランボー」の原作となり、一躍ベストセラー作家となった。その後も冒険小説の傑作を発表し続けるが、1987年に愛息を病気

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品