デイヴィス、カール(1936-)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

カール・デイヴィス:管弦楽曲集 C.デイヴィス&ロイヤル・フィル

デイヴィス、カール(1936-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
222825
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rpo
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

カール・デイヴィス:管弦楽曲集

・The World at War
・Far Pavilions
・Pride and Prejudice
・The French Lieutenant's Woman (concert suite)
・Champions
・Anne Frank Remembered
・Variations on a Polish Beggar's Theme
・Hollywood
・Napoleon: Eagle of Destiny
・Scandal
・Flesh and the Devil (waltz and love scene)

マーティン・ロスコー(p)
ジョナサン・カーニー(vn)、他

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
カール・デイヴィス(指揮)

録音:1996年2月[デジタル]
2チャンネル・ステレオ/マルチ・チャンネル

収録曲   

  • 01. Davis, Carl - The World At War
  • 02. Davis, Carl - Far Pavilions
  • 03. Roscoe, Martin - Pride & Prejudice
  • 04. Carney, Jonathan - The French Lieutenant's Woman:
  • 05. Davis, Carl - Champions
  • 06. Davis, Carl - Anne Frank Remembered
  • 07. Carney, Jonathan - Variations On A Polish Beggar's
  • 08. Davis, Carl - Hollywood
  • 09. Davis, Carl - Napoleon: Eagle & Destiny
  • 10. Davis, Carl - Scandal
  • 11. Davis, Carl - Flesh & The Devil: Waltz & Love Scen

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アメリカ生まれの作曲家、カール・デイヴィ...

投稿日:2018/11/21 (水)

アメリカ生まれの作曲家、カール・デイヴィスが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を振って録音した自作自演集である。 管弦楽作品集という題になっているが、いずれもデイヴィスが担当した映画、テレビ音楽からの作品で、最初から演奏会向きに書かれた作品はない模様。 いずれも弦楽器を主にした美しいメロディをもち、親しみやすい。 デイヴィスはクラシック指揮者としてもキャリアがあるが、なんといっても映画音楽の演奏には定評が高く、明快な音楽作りが特徴だがこの盤でもそうだ。 中でもマーティン・ロスコーのピアノをフィーチャーした『高慢と偏見』、録音時ロイヤル・フィルのコンマスであったジョナサン・カーネイがソロを取った、『ポーランド移民の歌による変奏曲』は指揮、奏者ともノリに乗っていて良い。 1996年録音で音質も良好だ。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品