デイビッド・シャノン

人物・団体ページへ

だめよ、デイビッド 児童図書館・絵本の部屋

デイビッド・シャノン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566007109
ISBN 10 : 4566007103
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,1冊

内容詳細

おふろでさわぐ、おもちゃはちらかす…。だからママはいつも「だめ!だめよ!」っておこってばかり。でもママは本当はね…。〈受賞情報〉日本絵本賞読者賞(山田養蜂場賞)(第7回)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    いかにもいたずらっ子のような感じの男の子が、題名の通りにダメなことをしようとしている絵が並んでいます。このような本を読むと子供は喜ぶのでしょうね。素朴な感じの絵と文字がまた大きくていたずら書きのような感じで楽しいです。

  • gtn さん

    子供にガミガミ叱ることを快く思っていなかったが、考えを変えた。母親は子をいくら叱ってもいい。親子にそれだけの信頼関係があるから。一方、父親はくどくど叱ってはならない。それほどの信頼関係はないから。

  • しいたけ さん

    施設で夜の寝かしつけのときに読むと、こどもたちが大興奮した絵本。デイビットをこどもの名前で読む。悪戯するし散らかすし汚れるけど、最後はお母さんに宝物のようにぎゅっとされる。母親のいないこどもに読むのは切ないけれど、それでも何をやらかしたってあなたが大好きって伝えたかった。げらげら笑って大はしゃぎするのに、不思議とそのあとストンと寝ます。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    いたずらぼうずのデイビッド。毎日ママに「ダメよ」と叱られていますが、最後は暖かくてホッとします。お話会の絵本

  • ゆうゆうpanda さん

    <読み聞かせボランティア・対象2年生>いたずらが大好きなデイビッドにお母さんは「だめよ、デイビッド」といいまくる。お母さんが口煩いわけではないのだ。デイビッドのイタズラが大胆すぎるのだ。絵のインパクトがすごい!見ている子ども達も惹き込まれていたようだ。やってみたいけど、自制心が邪魔して出来ないあれこれをデイビッドが代わりにやってくれる。そして花瓶を壊して泣いてしまうデイビッドにかけるお母さんの「ああ、デイビイ」がとても優しい。読み聞かせの腕の見せ処だ。ハラハラしてスッキリしてほんわかする。外れなしの絵本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品