ディーン・R・クーンツ

人物・団体ページへ

ウィスパーズ 上 ハヤカワ文庫

ディーン・R・クーンツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150405519
ISBN 10 : 4150405514
フォーマット
出版社
発行年月
1989年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,395p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hit4papa さん

    本作品の主役は新進気鋭のシナリオライター。性格が良く恋に臆病な美人という如何にもなキャラクター設定です。その彼女がゴリマッチョな男にストーカーされ、命の危険に晒されていくというお話。何故、主人公を執拗につけ狙うのか。地方都市の名士であるストーカー男のアリバイは、立証され誰も信じてくれない系サスペンスへ。そこに現れたイケメン刑事。クーンツ節炸裂です。すったもんだの挙句、ストーカー男を斃した主人公。愛の物語はクライマックスを迎えようとしますが、ところがどっこい死んだはずのストーカー男再登場!下巻に続きます。

  • Tetchy さん

    今回は不死の殺人鬼がモチーフだと思い、どんな原因・理由でこの殺人鬼は蘇えるのだろうと思っていた所、下巻の登場人物一覧に「オカルティスト」なる文字が。これで以前読んだある作品の焼き直しかとがっかりしたが、あにはからんや、今回は論理的解決が用意されていた。

  • goldius さん

    女に不自由しない億万長者が強姦魔に?

  • Glitter さん

    怒涛の展開と振りまかれる謎そしてロマンス 娯楽要素の詰め込み技は職人芸

  • K さん

    上=1994年 下=1995年。 一気に読んだ。映画にしたらいいのにって思ったっけ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ディーン・R・クーンツ

1945年、アメリカ生まれ。父親に虐待される子供時代を送る。大学卒業後、英語教師として働くかたわら、作家デビュー、いくつものペンネームで多数の小説を発表。1980年の長編『ウィスパーズ』でベストセラー作家に。日本では80年代末から代表作が刊行され、一世を風靡する

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品