ディーリアス(1862-1934)

ディーリアス(1862-1934) レビュー一覧

ディーリアス(1862-1934) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

89件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • イギリスを代表する作曲家の一人、ディーリアスの150...

    投稿日:2021/09/20

    イギリスを代表する作曲家の一人、ディーリアスの150周年記念ボックス。耳あたりの良い管弦楽が有名だが、このボックスではそれだけでなく、「Koanga」「A village Romeo and Juliet」「Requiem」といった、歌劇、合唱曲がたくさん含まれている。とにかくたっぷりディーリアスである。メニューインのバイオリンソナタは名演である。ただ、いろいろな録音を集めたものなので、音質はかなりばらつきがある。

    saitaman さん

    0
  • 海流、告別の歌、日没の歌 ヒコックス&ボーンマス響...

    投稿日:2021/07/08

    海流、告別の歌、日没の歌 ヒコックス&ボーンマス響、ターフェル  ディーリアス(1862-1934)

    ココパナ さん

    0
  • ピアノ、バイオリン、チェロそして管弦楽の作品が1枚...

    投稿日:2021/03/01

    ピアノ、バイオリン、チェロそして管弦楽の作品が1枚に収録されたディーリアスの魅力満載のアルバムです。セット物やベスト盤は別として、1枚に演奏者も含めこれだけヴァラエティに富んだアルバムも少ないでしょう。ディーリアスは、管弦楽作品にスポットが当たりがちですが、協奏曲も良い。ここには収録させていませんが、チェロ協奏曲も機会があれば聞いてみてください。

    k.k さん

    0
  • ディーリアスのビアノ協奏曲で、皆様も書かれています...

    投稿日:2021/02/26

    ディーリアスのビアノ協奏曲で、皆様も書かれていますが、貴重な録音です。どうしても、有名な管弦楽作品にスポットは当たりますが、チェロ協奏曲やバイオリン協奏曲も含め、ビアノ協奏曲もなかなかの作品です。東芝EMIレーベルからイギリス音楽の詩情としてLPの頃多数ディーリアスの作品が紹介されましたが、協奏曲はなかったと思います。三浦淳史さんの解説で、秋の夜長に聞く最適なシリーズと紹介されていたと思います。(若干記憶が確かでないが) この協奏曲も詩情豊かな作品ですので、是非既存の有名な作品以外で隠れた作品をお捜しの方は聞いてみて下さい。アイアランドのビアノ協奏曲も貴重な録音です。

    k.k さん

    0
  • やはりイギリス音楽はEMIのロゴが似合います。バルビ...

    投稿日:2021/01/04

    やはりイギリス音楽はEMIのロゴが似合います。バルビローリ、ビーチャム、グローブスでディーリアス、エルガー、ブリテン、ヴォーン=ウィリアムスを聞いていました。ワーナーのロゴだとイギリス音楽のイメージが薄れるのは何故だろう。 よく本場物と云われるがまさにそのイメージがEMIのロゴであろう。ロシア物やチェコ(ドヴォルザーク、スメタナ)ほどは浸透していないが、以前イギリスに旅行に行ったことがありましたが、ロンドンのHMVの店舗でお国物コーナーが沢山あり、EMIブランドのCDが所狭しと置いてあったのを思い出しました。 このアルバムは、バルビローリのディーリアスですが、晩年ディーリアスに傾倒し録音も増えてきた矢先に亡くなったのは、かえすがえす残念です。

    k.k さん

    0
  • マッケラスのディーリアスはとても叙情豊かで聴かせる...

    投稿日:2019/02/10

    マッケラスのディーリアスはとても叙情豊かで聴かせる。曲目も多く、多彩なディーリアス作品に触れられる。素晴らしい。ただ、ウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団は、力量的にはいまひとつで、特に管楽器にはもう少し潤いが欲しい。

    saitaman さん

    0
  • ピアノ協奏曲は改訂後のものが多く録音されているが、...

    投稿日:2017/11/17

    ピアノ協奏曲は改訂後のものが多く録音されているが、私はこの改訂前の盤が良いと思う。曲のせいなのか、それとも演奏のせいのかは判然としない。どうせなら、改訂前の版と改訂後の版で録音してくれればよかったのだけれど、とにかく、この演奏は、ディーリアンなら聞いておくべきだし、ロマン派のピアノ協奏曲に興味がある人も、これを逃しては勿体ない。

    slave さん

    0
  • 美しいカヴァー写真に見とれながら聴き出した ヴァイ...

    投稿日:2017/11/15

    美しいカヴァー写真に見とれながら聴き出した ヴァイオリンの歌に添えるようにピアノが随伴する第1番までと打って変わって 第2番では対話になる 二者が緊密な関係性を獲得して伸びやかに語り出す愉しさは無類だ 第3番は対話性を保ちながらも 二者それぞれの独自性がクローズアップして補完し合う部分も意味深く聞こえる 音楽の豊かさが増しより魅力ある音楽になった スタイルは変わらないものの作曲家ディーリアスの技量も人間性も高められたと分かる ディーリアスに限らない こうした弦楽器とピアノによるデュオは作家の内なる全貌を映し出してしまう どの年代のソナタにもディーリアスは映っている 憧れと釣り合う孤独の分銅が載った秤が均衡へ向かって揺れている 生涯さすらい人であったディーリアスの身軽さと危うさが透けて見える この音楽にシンクロナイズする魂の安らげることを祈りつつ お聴きになっては如何 

    風信子 さん

    0
  • 見事な演奏と録音 ディーリアス作品では比較的大きな...

    投稿日:2017/11/14

    見事な演奏と録音 ディーリアス作品では比較的大きな規模を持つ二曲だが アメリカに因んだものということでよくカップリングされる 声楽入りオーケストラ曲という点でも相性がいいが 聞かれる機会には概して恵まれない このディーリアスの傑作をシュテファン・ザンデルリンク&FOが朗々と謳い上げた 巨匠の息子は割を食う トマスもシュテファンもそして最近始めたそうだがミヒャエルも父と同じ指揮棒を握ったがなかなか第一線に立てないと言っては失礼か 何れの演奏も聴いたが大変優れた指揮者だと見受けるから惜しく残念に思っている ここに聴くフロリダO.も優れたオーケストラだ こちらもとんと見かけたことがない 一般に見過ごされてしまうディスクだろう 勿体無い この美しい音楽と演奏をお聴きになっては如何    

    風信子 さん

    2
  • ディーリアスのピアノ協奏曲については、他者の助言も...

    投稿日:2017/11/11

    ディーリアスのピアノ協奏曲については、他者の助言も踏まえ改定を経た1楽章形式版ではなく、3楽章形式として作曲された自力100%の原典版であることにこのCDの大きな価値があります。演奏・録音いずれも期待以上です。後に大きく削除される第3楽章部分が新鮮に聴こえます。改定の有無にかかわらず、ディーリアスのピアノ協奏曲には惹きつけられます。

    テリーヌ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%