ディーリアス(1862-1934)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響詩『おとぎ話』、ノルウェー組曲、『春初めてのかっこうを聞いて』、他 A.デイヴィス&ベルゲン・フィル

ディーリアス(1862-1934)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5131
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

現代最高のディーリアン、アンドルー・デイヴィス
「ノルウェー」にまつわるディーリアス作品集


グリーグから大きな影響を受けたディーリアス!
 シャンドスに専属アーティストとして加わって以来、『アパラチア』(CHAN5088)、ヴァイオリン協奏曲(CHSA5094)、管弦楽作品集(CHAN10742)など、名演を次々と送り出してきた現代最高のディーリアン、アンドルー・デイヴィス。最新作は、エドヴァルド・グリーグと親交を持ち大きな影響を受けたディーリアスの「ノルウェーにまつわる管弦楽作品」を集成した、アンドルー・デイヴィスならではの特別プログラム。友人であり偉大な師匠でもあったグリーグの曲からは、「結婚行進曲」としても知られる『ノルウェーの婚礼の行列』(ペール・ギュント組曲より)のディーリアスによるアレンジも収録。
 これまでのディーリアス・アルバムではBBC響、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管などイギリスのオーケストラを降ってきたデイヴィスですが、今回はベルリオーズ:序曲集(CHSA5118)で好演を聴かせてくれた、ノルウェーのベルゲンを本拠地に据えるベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団に、ノルウェーのソプラノ、アン=ヘレン・メーンを迎えた万全の体制で臨んでいます。
 トーマス・ビーチャムによって世界へと広められたディーリアスの音楽は、現代の名匠アンドルー・デイヴィスの手によって更なる評価の確立へと向かっています。ディーリアスの心のふるさと「ノルウェー」をテーマとしたこのアルバムは、ディーリアスを語る上で欠かせないものとなることでしょう。(東京エムプラス)

【収録情報】
『ノルウェーのディーリアス』
ディーリアス:
1. 交響詩『おとぎ話』
2. ノルウェー組曲
3. 交響詩『頂にて』
4. 交響詩『そり乗り(冬の夜)』
5. ノルウェーの2つの歌
6. ノルウェーの婚礼の行列(原曲:グリーグ)
7. 小管弦楽のための2つの小品〜第1曲『春初めてのかっこうを聞いて』

 アン=ヘレン・メーン(ソプラノ:5)
 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
 サー・アンドルー・デイヴィス(指揮)

 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

収録曲   

  • 01. Norwegian Bridal Procession
  • 02. Paa Vidderne
  • 03. Prinsessen - Ann-Helen Moen/Bergen Philharmonic Orchestra
  • 04. En Fuglevise - Ann-Helen Moen/Bergen Philharmonic Orchestra
  • 05. Sleigh Ride
  • 06. Prelude to Act I. Con Moto - Molto Tranquillo - Tempo I
  • 07. Interlude Between Acts I and II. Con Spirito - Allargando
  • 08. Melodrama in Act II. Molto Tranquillo
  • 09. Interlude Between Acts II and III. Allegro Energico
  • 10. Melodrama in Act V
  • 11. Interlude Between Acts IV and V. Marcia, Lento Solenne - Solenne - Lento - Allegro, Ma Non Troppo - Moderato
  • 12. On Hearing the First Cuckoo in Spring
  • 13. Eventyr

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
本題は、「ディリアス・イン・ノルウエ―」...

投稿日:2016/04/21 (木)

本題は、「ディリアス・イン・ノルウエ―」。ディーリアスと、グリーグ、影響を受けたノルウエ―の民謡に焦点を当てててくれたアンドリュ―、シャンドスならではの好盤。ディーリアスの音楽には、ワーグナー、シュトラウス、印象派、アメリカ、特に黒人音楽など、多くの音楽の影響が聴かれますが、終生尊敬していたグリーグ、ノルウエ―の音楽を聴かせてくれるCDは、そうなかっただけに、貴重、嬉しい。グリーグ程、もろじゃないのが、コスモポリタン、ディーリアス。「そりのり」、「春初めてかっこうを聞いて」も、アンドリューならではの暖かい演奏。ノルウエ―のベルゲンフィルも生き生きと演奏している。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0

ディーリアス(1862-1934)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品