ディック・ブルーナ

人物・団体ページへ

うさこちゃんとふがこちゃん

ディック・ブルーナ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834026689
ISBN 10 : 483402668X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17X17

商品説明

ぶたのふがこちゃんは、うさこちゃんみたいな、長くて白い耳がほしいなあ、といつも思っていました。そこでおばさんのうたこさんに相談すると、おばさんは紙とはさみを使って、うさこちゃんそっくりの耳を作ってくれました! 紙の耳はふがこちゃんにぴったり。大喜びのふがこちゃんですが、うさこちゃんが見たらなんて思うかしら、と不安になります。そこでおばさんと一緒にうさこちゃんの家に行くことに。うさこちゃんはうさぎの耳をつけたふがこちゃんを見ると、すぐに外に飛び出してきました。とってもよく似合うわ、とうさこちゃん。ほっと一安心のふがこちゃんは嬉しくなって、うさこちゃんと踊り回ります。そんなふたりをうたこさんは、はい、ぱちり! カメラで撮ってくれました。友だちに淡い憧れを抱く幼い子どもの心の動きをやさしく丁寧に描きます。

内容詳細

ぶたのふがこちゃんは、うさぎのうさこちゃんみたいな長くて白い耳にあこがれています。そこでおばさんに相談すると…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りーぶる さん

    うさこちゃんの長いみみに憧れたふがこちゃん。ふがこちゃんはそのまんまでも可愛いのに。絵本の中では、真似されても怒らない。だからほっこりします。普通なら「真似された」って思いそうなのに。子供の純粋で優しい心がそのまま大きくなっても残っていますように。そしてふがこちゃん、そのまんまが一番いいって気付く日がきますように。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    「ここに いるのは ぶたの ふがこちゃんです。ふがこちゃんは じぶんの みみが とても ちいさいので、いつも うさこちゃんみたいな みみだったら いいのにと おもっていました。」 ■私も小さい頃に、髪の長いお友だちを見て「わたしの髪の毛も長かったらなぁ」って思ったりしてました。子供たちの「こうだったらいいのにな♪」を工作で叶えてあげる大人たち。うさこちゃんの世界は 大人たちも魅力的♪ ■ふがこちゃんの 小さなお耳もかわいいよ (ღ′◡‵) (2011年)福音館書店、まつおかきょうこさん訳。 (→続

  • ごへいもち さん

    ふがこちゃんw

  • コロナウィルスに怯える雨巫女。 さん

    《書店》ふがこちゃんは、うさこちゃんと同じになりたくて、耳をかぶって、嬉しそう。だけど、ふがこちゃんもそのままでも素敵。

  • ちー さん

    うさこちゃんシリーズではじめてうさぎ以外のお友達が出てくるお話。これはどう読み取ればいいのか悩む話でもあった。ぶたのふがこちゃんはうさこちゃんのような耳に憧れている。おかあさんが工作でうさぎの耳をつくってくれて、それでうさこちゃんと遊ぶことに。同じだね、とそれを受け入れてくれるうさこちゃん。うーん、みんな違ってだからいいんだよという趣旨ではないようだ。けれどもお気に入りをつくってもらえて、ふがこちゃんは満足なのかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド