ディアーナ・キャメロン

人物・団体ページへ

誘惑のベリーダンサー 扶桑社ロマンス

ディアーナ・キャメロン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594063122
ISBN 10 : 4594063128
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,514p

内容詳細

万国博覧会が開催される1893年のシカゴ。ニューオリンズから引っ越してきて間もないドラは、万博をサポートする婦人会幹部のリッチモンド夫人らと共に“エジプト・シアター”を訪れる。卑猥なダンスだと批判されるシアターの、露出の多い衣装や踊りの改善を要求するためだ。彼女たちはシアター支配人である精悍なホッサムと面会。そして一座のトップダンサーであるアミーナに厳しい要求を突きつけた。面会後リッチモンドはお目付け役にドラを指名。不安を抱きつつ、ドラは再びシアターに向かう。19世紀末、シカゴ万博を騒がす妖艶なダンス。期待の新人が贈るエキゾチック・ロマンス。

【著者紹介】
ディアーナ・キャメロン : 地元の生活情報誌の編集者を経て新聞記者。その後、作家活動をはじめ、『誘惑のベリーダンサー』がデヴュー作。家族とともにカリフォルニアに在住

村田悦子 : 東京都立日野高等学校卒業。英米文学翻訳家。訳書にソフィー・ジョーダン『罪なき嘘の罪』、『許されざる契り』(以上、扶桑社ロマンス)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みろん さん

    ヒロインには夫がいるので夫婦再生ものの話なのか、不倫ものの話なのかを掴むのにすごく時間がかかる流れ…。 ロマンス小説としては異色かも…。 ヒロイン心理描写を深読みすればもっと楽しめたかもしれないけど、450頁ぐらい中だるみしてしまった…(^^;

  • nayui さん

    ★☆☆☆☆

  • くろうさぎ さん

    これは、、、ロマンスというより、ヒロインの成長記でしょうか??しかし、嫌な女に翻弄されつつ、夫に認められようと頑張るヒロインがなんか哀しくて・・・・・。あの二人になんか報いがあればよかったのに・・・・。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ディアーナ・キャメロン

地元の生活情報誌の編集者を経て新聞記者。その後、作家活動をはじめ、『誘惑のベリーダンサー』がデヴュー作。家族とともにカリフォルニアに在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品