CD 輸入盤

【中古:盤質A】 6つの序曲 中川 岳(チェンバロ)

テレマン(1681-1767)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
帯付
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
8573819
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

テレマン:6つの序曲/中川 岳(チェンバロ)

幼い頃からピアノを学びながら、独学でチェンバロ、クラヴィコード、オルガンを弾いていたという中川 岳。東京大学在学中に、2014年に開催された「第27回国際古楽コンクール」(山梨)の鍵盤楽器部門で第1位を獲得、一躍注目を浴びました。2016年からはヴュルツブルク音楽院でグレン・ウィルソンにチェンバロを師事、その音楽性に一層の磨きをかけています。
 このテレマンの作品集は「Ouverture=序曲」とタイトルが付けられているものの、実質は第1曲目の序曲と、2つの舞曲が組み合わされた小さな組曲です。作品中にはイタリアやドイツ、フランスの舞曲が散りばめられ、多彩な表情を見せています。中には、テレマンが一時期滞在したポーランドの民族音楽から影響を受けたと思われる曲もあり、実に興味深い曲集として構成されています。(輸入元情報)

【収録情報】
テレマン:
● 序曲 第1番ト短調 TWV32:5
● 序曲 第2番イ長調 TWV32:6
● 序曲 第3番ヘ長調 TWV32:7
● 序曲 第4番ホ短調 TWV32:8
● 序曲 第5番変ホ長調 TWV32:9
● 序曲 第6番ロ短調 TWV32:10


 中川 岳(チェンバロ)

 録音時期:2017年7月15,16日
 録音場所:Musikhochschule, Wurzburg, Germany
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. 序曲 第1番 ト短調 TWV32:5 Ouverture
  • 02. 序曲 第1番 ト短調 TWV32:5 Larghetto e scherzando
  • 03. 序曲 第1番 ト短調 TWV32:5 Allegro
  • 04. 序曲 第2集 イ長調 TWV32:6 Ouverture
  • 05. 序曲 第2集 イ長調 TWV32:6 Largo e scherzando
  • 06. 序曲 第2集 イ長調 TWV32:6 Presto
  • 07. 序曲 第3番 ヘ長調 TWV32:7 Ouverture
  • 08. 序曲 第3番 ヘ長調 TWV32:7 Dolce e scherzando
  • 09. 序曲 第3番 ヘ長調 TWV32:7 Allegro
  • 10. 序曲 第4番 ホ短調 TWV32:8 Ouverture
  • 11. 序曲 第4番 ホ短調 TWV32:8 Moderato e scherzando
  • 12. 序曲 第4番 ホ短調 TWV32:8 Allegro-piacevole-allegro
  • 13. 序曲 第5番 変ホ長調 TWV32:9 Ouverture
  • 14. 序曲 第5番 変ホ長調 TWV32:9 Suave e scherzando
  • 15. 序曲 第5番 変ホ長調 TWV32:9 Vivace
  • 16. 序曲 第6番 ロ短調 TWV32:10 Ouverture
  • 17. 序曲 第6番 ロ短調 TWV32:10 Pastorello, tempo giusto
  • 18. 序曲 第6番 ロ短調 TWV32:10 Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
三拍子揃ったDiskだ 一に好い楽器 鳴りの...

投稿日:2018/06/24 (日)

三拍子揃ったDiskだ 一に好い楽器 鳴りの良さとアクションの精密さとバランスに耳奪われる 二に優れた奏者 まだ若いだろうに中川岳の鋭敏な感覚と運動性能の天分と研鑽が見える 三に音楽の豊かさ テレマンのチェンバロ独奏曲を聴く機会は少ない 作品名辞典にも数えるほどしか発見できない あれほど膨大な作品が知られているのにである 表題は「6つの序曲集」だが 辞典には「組曲 - 2つの付加楽章付き」とあり曲順も違っている 序曲に2つの舞曲を添えて三曲からなる構成をとっている 舞曲名も名乗らずソナタを模した形にしている 3つの長調と3つの短調というバランスも個性的だ もともと曲順というものもなかっただろうし どこから始めても好いし ぽっと抜き出して中でてても情趣を味わえる 何しろ好い曲で聴き惚れてしまった 何度でも掛けたくなる逸品だが 構える必要もないし改まって迎える用意もいらない 生活の中で活かされ美しい時間を作る糧となろうか さて あなたも如何  

風信子 さん | 茨城県 | 不明

3

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品