悪い奴は友を選ぶ

テリー・ホワイト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167109073
ISBN 10 : 4167109077
フォーマット
出版社
発行年月
1989年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
村松潔 ,  
追加情報
:
365p;16X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 眠る山猫屋 さん

    大好きな作家、久々の再読。もっと評価されてもいいのにな、テリー・ホワイトさん。男たちの友情とか腐れ縁とか、非常に“かわいい”のだ、ファニーという意味で。もと刑事のブライアンは運の悪いもと車泥棒のトレイが気になるし、もと強盗のクリスは厄介なドワイトが見棄てられない。それは単に相性なのかもしれないし、優しさかもしれない。でもこの作者の描く人物はとても孤独で、それ故、悲しい。ラストシーンのクリスの様に・・・。

  • 樹。 さん

    一頻り作品を読み切ろうと思って発刊順に読んで居る訳ですが、二作目以降定形になっている〈複数の事象が邂逅する〉手法。もう何回目かなのにそれでも面白い…!キャラクタに皆欠損が有って、それがイヤに人間らしい。思考回路が全部理解出来る訳ではないのだけど、どっか壊れちゃってて衝動のまんまに破滅してくその愚かしさが愛おしい、みたいな造形に毎度舌を巻きます。バディものばっかり書いてるけど飽きないの、凄い。この作家、フェイバリットになりそうです。

  • woo さん

    重くもなければ軽くもない、この作者ならではの展開と語り口。 サラッと、しかし含みを残した終わり方もまた悪くない♪ つい手に取ってしまう作家だなぁ^^

  • 紅茶あめ さん

    元警官のブライアンと元自動車泥棒のトレイ。ブライアンにはトレイが必要だと察して、トレイを追いかけろというアンはいい女だ。多少ならブライアンがトレイを趣味にしてもいいそうだ(笑)。いわく付きの金をトレイから取り上げたブライアンは大人。地に足つけた男はいい。自分でもよくわからない感情でもって動いてしまうのはもっといい。ムショ仲間のクリスとドワイトは犯罪の世界から離れられず、負のスパイラルにはまりこんでいく。ドワイトよりもクリスの方が病が深いように見える。それでも、ドワイトにとってクリスは最後まで優しかった。

  • psdstar さん

    わりとハッピーエンドでよかった。 続編はないのかなあ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品