魔女物語 群像社ライブラリー

テッフィ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784903619118
ISBN 10 : 4903619117
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
17cm,330p

内容詳細

昔からロシアでなじまれてきた伝説の妖怪魔物が、人間の心の奥底にひろがる見えない世界から世にも妖しい物語をつむぎだす…。20世紀初頭ロシアの女性作家による、不思議な魅力あふれる連作短編集。

【著者紹介】
テッフィ : 本名ナヂェージダ・アレクサンドロヴナ・ロフヴィーツカヤ。1872‐1952。帝政ロシアの首都ペテルブルグに生まれ、母の影響で子供時代から文学に親しんだ。約10年の結婚生活を経て離婚後、詩や風刺文、軽演劇の台本などを書きはじめ、1910年に刊行されたユーモア短篇集がベストセラーとなって女性人気作家としての地位を確立した。チェーホフ亡きあとのロシア文学界で、モダンで洒落た笑いの文学をリードしたが、その後のロシア革命は受け入れることができず、一時出国のつもりで移り住んだパリで亡くなるまで亡命生活を余儀なくされた。パリでは亡命ロシア人社会のなかで活発に活動し、人気作家として作品を書き続けた

田辺佐保子 : ロシア文学研究・翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    古くから息づくロシアの妖怪や怪異がもし、現代社会に溶け込んでいたら・・・?お茶目且つ軽やかな文章で描かれる優しくも恐ろしい怪異との生活にクスクス、笑わずにはいられません。「ドモヴォイ」のばあやの優しさと娘の感謝、「ルサールカ」の死後、結ばれる恋に目が潤む。凶悪版垢なめな「風呂小屋の悪魔」の所業にガクブルしていたら存在を否定していた父親が被害に遭ってから意見を変えたという場面で、「父親」であることで調子に乗る男嫌いにとっては胸が漉きました。異色の「サモヴァール」は起こりそうな一番の怪談ではないかと思います。

  • ハルバル さん

    ロシアに限っては妖怪より人間の方が怖いかもしれない…と、(信じたくはないが)そう思わせる短編集だった。というか出てくる登場人物たちが揃いも揃って妖怪以上に個性的でユーモラスで、とにかく強烈すぎて全然妖怪の話が頭に入ってこない(笑)「吸血鬼」の放浪癖のある叔父、「ドモヴォイ」の恋愛に浮かれる人妻、「風呂の魔」の若い召使に手を出して妖怪のせいにするしょーもない夫よ、おまえはマジで風呂の魔に喰われろ!…とまぁ他にもチェーホフかドストエフスキーかっていうくらい大変面白い方々が登場。妖怪も人間には形無しですね。

  • とまと さん

    期待しすぎたのだろう。物足りなかった。妖怪たちが実際に物語の中で活躍する話ではない。これは妖怪かもしれないね、と妖怪の存在を思わせる話。それだけ生活の中で妖怪の話が頻繁になされるし日常と切り離せない存在としてあるというところが面白いのだろうけど。ゴーゴリ、ソモフと読んできて、妖怪たちが暗躍する物語を期待してしまっていたので、不満。疑問だった妖怪、魔女、妖女、悪魔などの言葉の使い分けの謎は解けました。各話の前にそれぞれの妖怪の絵と説明がしてあるのが良くて、ここだけコピーしてノートに貼ろうと思ってます。

  • あさこ さん

    冬の寒い日、暖炉の前でちょっとくせのあるおばあちゃんに少し不気味な、でもおかしいような不思議な話を聞かせてもらっている。読んでいるとそんな光景が浮かんでくる。一応ロシアの怪しげな妖怪やら魔女やらが出てくる短編集なんですが、伝説やお伽噺をただ書いているわけではなく、作者独自のユーモアとひねりがきいていて面白い。なにか不思議な不気味なことが起きたとき、日常生活のなかに幻想は容易に入り込むんだなぁ。

  • timeturner さん

    不思議な読み心地。魔女、吸血鬼、家鬼、妖犬といった言葉が目次にずらずら並ぶ怪奇小説集ではあるのだけれど、ちっとも怖くない。むしろ、そういう妖怪・魔物をだしに、チェーホフ的な人間観察をしているといったところか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

テッフィ

本名ナヂェージダ・アレクサンドロヴナ・ロフヴィーツカヤ。1872‐1952。帝政ロシアの首都ペテルブルグに生まれ、母の影響で子供時代から文学に親しんだ。約10年の結婚生活を経て離婚後、詩や風刺文、軽演劇の台本などを書きはじめ、1910年に刊行されたユーモア短篇集がベストセラーとなって女性人気作家とし

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品