ティムール ヴェルメシュ

人物・団体ページへ

空腹ねずみと満腹ねずみ 下

ティムール ヴェルメシュ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207995
ISBN 10 : 4309207995
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森内薫 ,  
追加情報
:
344p;20

内容詳細

『帰ってきたヒトラー』の著者が6年の沈黙を破ってついに発表した小説。数年後の欧州を舞台に、押し寄せる難民と国境を閉じるドイツ。何が、なぜ起こるのか、満を持して問う問題作。

【著者紹介】
ティムール ヴェルメシュ : 1967年、ドイツのニュルンベルクに生まれる。母親はドイツ人。父親はハンガリー系移民。大学卒業後、大衆系タブロイド紙の記者として働き、ゴーストライターとして複数の本も執筆。2012年に、初めて自分の名前で発表した小説『帰ってきたヒトラー』は、ドイツ作家の処女作としては過去100年のうち、もっとも大きな成功を収めた

森内薫 : 翻訳家。上智大学外国語学部卒業。2002年から6年間ドイツ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    上・下巻、700頁弱、完読しました。本書は、詩人ハイネの作品から引用したタイトル、痛烈な批判、近未来難民社会風刺小説でした。難民問題は、大国の後進国に対する搾取、貧富の差、戦争等に起因するものだと考えます。先進国が勝手な自国のナショナリズムを主張している限り、絶対解決しません。理想論だとは思いますが、世界連邦の創設および富の適正な再分配を希望します。 しかし難民に不馴れな日本に40万人が押し寄せたら大パニックになるでしょうね(苦笑) http://web.kawade.co.jp/bungei/3595/

  • ヘラジカ さん

    ドイツまで整然と着実に歩みを進めていく難民の膨大な行列は、ヨルムンガンドや出エジプト記といった神話的モチーフを想起させる。当初抱いていたコミカルなイメージは雲散霧消し、ドイツ世論が緊迫感を強めていくにつれ、小説全体のトーンも重くシリアスになっていく。待ち受ける結末がどんなものか気になって一息に読んだが、思った以上に壮絶な展開に少しばかり呆然としてしまった。あり得るシナリオなのかもしれない。コメディどころか暗い気分になる社会派小説だった。作者前作も時間があるときにいずれ。

  • sai さん

    15万人のアフリカキャンプ難民が、2倍に膨れてドイツへなだれ込んだ。そもそもテレビ番組だった企画が、あっというまに国境、政治、社会を巻き込む巨大事件に発展し…。

  • はる さん

    難民問題がテーマのこの作品。難民に当たり障りなく対応したい国とそこに資金を拠出する最大国家ドイツ、メディア業界、良心的に捉える者と正反対に考える者の国境をめぐる行動が欧州に衝撃的な結末を与える。コロナに隠れて見えないけれ現代社会の近未来的病理かもしれない。主人公の一人がNATO加盟国に到着し呟いた。「トルコの農民は何故もう一頭(余計に)飼わないのか?何故この国は自分の国より暮らし向きがいいのか?でも内線やクーデタや飢饉がなければ二人で一頭の牛を飼うだけで食べて行けるのかもしれない。」

  • まーこ さん

    色々と考えさせられる作品。難民とは言いながらもスマホはあるし、スマホによる送金もできる、難民相手の商売で儲けている人もいる。どのような場所でも金儲けは可能なんですね。 シリアを出発したときは15万人だった難民たちが最終的には30万人に。様々な国の難民たちを引き連れていきます。それを止めることもせず、むしろ難民が出ていくことをよしとする国家。ドイツ政府の望み通りにはいかず、どんどん近づいてきます。 可能性はかなり低いですが、数十万の難民が日本を目指していると聞いたら……正直平静ではいられないですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ティムール ヴェルメシュ

1967年、ドイツのニュルンベルクに生まれる。母親はドイツ人。父親はハンガリー系移民。大学卒業後、大衆系タブロイド紙の記者として働き、ゴーストライターとして複数の本も執筆。2012年に、初めて自分の名前で発表した小説『帰ってきたヒトラー』は、ドイツ作家の処女作としては過去100年のうち、もっとも大き

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド