ティムール ヴェルメシュ

人物・団体ページへ

帰ってきたヒトラー 上 河出文庫

ティムール ヴェルメシュ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309464220
ISBN 10 : 430946422X
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
森内薫 ,  
追加情報
:
292p;15

内容詳細

ヒトラーが突如、現代に甦った!周囲の人々が彼をヒトラーそっくりの芸人だと思い込んだことから勘違いが勘違いを呼び、本当のコメディンにさせられていく。その危険な笑いで本国ドイツに賛否両論を巻き起こした問題作。本国で二五〇万部を売り上げ、映画は二四〇万人動員、世界四二言語に翻訳された空前のベストセラー小説の待望の文庫化。著者による原注付き。

【著者紹介】
ティムール ヴェルメシュ : 1967年、ドイツのニュルンベルクに生まれる。エルランゲン大学で歴史と政治を学ぶ。ジャーナリストとしてタブロイド紙の“アーベントツァイトゥング”紙、“ケルナーエクスプレス”紙のほか、“シェイプ”誌など複数の雑誌でも活躍

森内薫 : 翻訳家。上智大学外国語学部フランス語学科卒。2002年から6年間ドイツ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蓮子 さん

    読友さんの感想から。ヒトラーが蘇って現代にタイムスリップ。周りからはヒトラーそっくりの物真似コメディアンとして扱われるヒトラー。彼のちぐはぐな言動が笑いを誘います。思っていた以上に面白くて凄く引き込まれました。ナチスやヒトラーについては詳しくないけれど、それらの知識があればより楽しめる内容かと思います。勿論、知らなくても充分楽しめますが。映画にもなったみたいなので、そちらも見たいです。続きが気になるので、早速下巻へ。

  • 🅼🆈½ ユニス™ さん

    かつて数百万人を死に追い込んだ人物のストーリーに、クックッと一人笑いを堪えている。下巻へ❗️

  • Shintaro さん

    映画は文句なく面白かった。これまでのところ割と原作に忠実です。現代に現れたヒトラーは、再び誤りを繰り返すことなく、格段に注意深くなっている。ゲッペルスやリーフェンシュタールで証明済みであるが、メディアの力も十分認識している。テレビやインターネットの威力にも。コメディではあるが、現代への警鐘でもある。この夏リオ、そして2020東京と、日の丸への共感が最も高まるイベント、オリンピックが控えている。愛国心、それは二度目の政権を握った阿部晋三が最大限に利用しようと考えているものだ。諸君、ゆめゆめ警戒を怠るなかれ。

  • Rin さん

    映画を観たけど、ずいぶんと違った感じ。笑いよりも真面目に政治や、誰かの上に立つ人間について考えさせられる内容。ヒトラーの語る現代の社会。政治を担う人びとと、彼らの背負う責任や国の未来。ついつい日本に置き換えて考えてしまう。自分で考えて決断すること、責任を負うということ。どれも頷いてしまう。ヒトラーの過去に行ったことは別として、語る内容は共感できることもあった。急激なブームは怖くもあるなとも思いつつの読書。真面目な内容も多かったけど、パソコンやアドレス、携帯での四苦八苦には楽しませてもらいました。

  • ロア さん

    いつでも真剣で、真面目に考え発言するヒトラー。思考の向かう先は全く違うのに、周囲の人々との会話が絶妙にかみ合ってる様が面白いです。リアルに何度も吹き出しました〜(*´艸`*)そしてキオスクの店主、超いい人♡

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ティムール ヴェルメシュ

1967年、ドイツのニュルンベルクに生まれる。エルランゲン大学で歴史と政治を学ぶ。ジャーナリストとしてタブロイド紙の“アーベントツァイトゥング”紙、“ケルナーエクスプレス”紙のほか、“シェイプ”誌など複数の雑誌でも活躍

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品