ティシチェンコ(1939-2010)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

弦楽四重奏曲全集 タネーエフ四重奏団、トヴェリ・フィルハーモニー弦楽四重奏団、他(3CD)

ティシチェンコ(1939-2010)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NFPMA9990
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ティシチェンコ追悼盤! 弦楽四重奏曲全集

昨年亡くなったボリス・イヴァノーヴィチ・ティシチェンコは、レニングラード音楽院でショスタコーヴィチとウストヴォルスカヤに学び、重厚な作品を数多く生み出しました。「Northern Flowers」ではティシチェンコの作品を交響曲、協奏曲、管弦楽曲、器楽曲と次々にリリースしてきましたが、今回は最晩年の第6番を含む弦楽四重奏曲全集。やはり作曲家にとって弦楽四重奏曲は作曲のアイデアを試す実験室であると同時に最後に到達すべきパルナッソスなのでしょう。国民学派を思わせる民謡的な要素から後期ロマン派、無調までを縦横無尽、自由自在に折衷する手法は、シュニトケのポリスタイリズムを先取りしているとも言えるでしょう。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲がお好きな方にお勧め。(TOBU)

【収録情報】
ティシチェンコ:弦楽四重奏曲全集
CD1 (66:18)
1. 弦楽四重奏曲第1番Op.8 (1957)
2. 弦楽四重奏曲第2番Op.13 (1959)
3. 弦楽四重奏曲第6番Op.148 (2008)

CD2 (58:10)
4. 弦楽四重奏曲第3番Op.47 (1970)
5. 弦楽四重奏曲第5番OP.90 (1984)

CD3 (40:20)
6. 弦楽四重奏曲第4番Op.77 (1980)

 タネーエフ四重奏団(1,4)
 イリヤ・イオフ(ヴァイオリン:2,3,5)
 エレナ・ラスコワ(ヴァイオリン:2,3,5)
 リディア・コヴァレンコ(ヴィオラ:2,3,5)
 アレクセイ・マサルスキ(チェロ:2,3,5)
 トヴェリ・フィルハーモニー弦楽四重奏団(6)

 録音:1976年(1,4)、1982年(6)、2010年(2,3,5)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ティシチェンコの弦楽四重奏曲全集。 作品...

投稿日:2019/09/18 (水)

ティシチェンコの弦楽四重奏曲全集。 作品からはどことなく師であるショスタコーヴィチの影響を感じるが、初期の作品である第2番はアイロニーと共に青春をイメージさせる晴れやかな雰囲気もあり、ティシチェンコの思いがつまった作品のように感じられた。 第5番は冒頭を聴くと一瞬古典派の作品かと思われる部分があり、個人的にはこの第5番がとても気に入った。 タネーエフ弦楽四重奏団の演奏はティシチェンコ作品の魅力を最大限に引き出している。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

ティシチェンコ(1939-2010)に関連するトピックス

  • 全篇で鐘が響き渡る前代未聞の奇作登場 SACDハイブリッド盤。ショスタコーヴィチ門下の作曲家、ボリス・ティシチェンコによるピアノ・ソナタ第7番は、鐘が独奏... HMV&BOOKS online|2015年05月26日 (火) 20:00
    全篇で鐘が響き渡る前代未聞の奇作登場
  • ティシチェンコ:交響曲第5番ほか 交響曲シリーズ、今回は第5番。ショスタコーヴィチの交響曲第8番や第10番のあきらかな引用に満ちた魅力的な作品。ピアノ... HMV&BOOKS online|2014年02月25日 (火) 14:10
    ティシチェンコ:交響曲第5番ほか
  • ティシチェンコ:交響曲第2番ほか 第2番は『カルミナ・ブラーナ』ばりのテンションで始まり、『バビ・ヤール』を思わせる展開が続く大作。 HMV&BOOKS online|2013年01月16日 (水) 14:10
    ティシチェンコ:交響曲第2番ほか

おすすめの商品