ティシチェンコ(1939-2010)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第7番 ヤブロンスキー/モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

ティシチェンコ(1939-2010)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8557013
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

ショスタコーヴィチの偉大な伝統を受け継ぐ直系の後継者とも目されることも多いチシュチェンコは、ガリーナとウストヴォルスカヤの両者に付いて学び、一時期ショスタコーヴィチその人の弟子でもありました。1986年以来サンクト・ペテルスブルク音楽院の教授を努めるチシュチェンコは多作で独創性に富んだ作曲家であり、ほとんど全ての主要なジャンルに渡って作品を発表しています。第7交響曲(1994年)は、このCDが世界初録音となり、5楽章から構成されています。静かで平明なアダージョ楽章が、スケルツォとインツェルメットに相当する楽章で挟まれ、両端楽章は、かなり長めで、自由かつ内容の濃いものです。交響曲形式のこうした用い方は、ショスタコーヴィチの後期の交響曲や弦楽四重奏曲に通じるものがあります。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
旧ソ連時代からの主にロシアにはフレンコフ...

投稿日:2011/01/12 (水)

旧ソ連時代からの主にロシアにはフレンコフやエシュパイといった世界的な評価をされるべき巨匠作曲家が数多いて、それを発見するたびに何か得をしたような気になります。チシュチェンコもその中に入ると思いますが、このCDも買って得した感じです。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ずっと、難解そうだからと聴いて来なかった...

投稿日:2010/04/05 (月)

ずっと、難解そうだからと聴いて来なかったティシチェンコ、今回初めて聴いたのだが、いやいや思っていた程、難解な音楽ではなく聴きやすい作品だったのは驚いた。 師のショスタコーヴィチを思わせるメロディが随所に現れたり、第二楽章のスケルツォではお祭り騒ぎのメロディが現れたりとなかなか聴かせてくれる。 ヤブロンスキーとくればいつものロシア・フィルではなく、このCDではモスクワ・フィルが演奏しているが、さすが名門オケだけあり、迫力ある演奏。 ヤブロンスキーもオケがいいのかなかなか見事、前述のスケルツォではオケがノリノリ。 明記はないが終楽章の最後に拍手があるのでライヴ録音のようだが、特に気になるレベルの録音ではないと思います。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

ティシチェンコ(1939-2010)に関連するトピックス

  • 全篇で鐘が響き渡る前代未聞の奇作登場 SACDハイブリッド盤。ショスタコーヴィチ門下の作曲家、ボリス・ティシチェンコによるピアノ・ソナタ第7番は、鐘が独奏... HMV&BOOKS online|2015年05月26日 (火) 20:00
    全篇で鐘が響き渡る前代未聞の奇作登場
  • ティシチェンコ:交響曲第5番ほか 交響曲シリーズ、今回は第5番。ショスタコーヴィチの交響曲第8番や第10番のあきらかな引用に満ちた魅力的な作品。ピアノ... HMV&BOOKS online|2014年02月25日 (火) 14:10
    ティシチェンコ:交響曲第5番ほか
  • ティシチェンコ:交響曲第2番ほか 第2番は『カルミナ・ブラーナ』ばりのテンションで始まり、『バビ・ヤール』を思わせる展開が続く大作。 HMV&BOOKS online|2013年01月16日 (水) 14:10
    ティシチェンコ:交響曲第2番ほか

おすすめの商品