涼宮ハルヒの憂鬱 7 角川コミックス・エース

ツガノガク

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047151482
ISBN 10 : 4047151483
フォーマット
出版社
発行年月
2008年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
18cm,183p

商品説明

なんてこった――俺はハルヒに会いたかった。

事件は「12月18日」に起きた。キョンがいつも通り登校すると、そこにハルヒの姿はなくクラスメイトの記憶からもハルヒが消え去っていた。ハルヒは一体どこに消えてしまったのか!?待望の「消失」編、スタート!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    消失編はやはりハルヒシリーズの中でも衝撃的だな。あとは長門がゲームにはまるパソコンの指使いが好きだな。

  • MERLI さん

    コンピ研との小競り合いがあり、そして来ました『消失』編!ハルヒシリーズの中でも1番好きな話です。映画も観ました。もう1回見直そうかなぁ。長門がまるで人間のように、感情に起伏がありどこにでもいる文学少女になってしまったんですよね。…なんか、長門中心でやってたアニメがあったような…?

  • epitaph3 さん

    話の展開が速い気がするが、消失は消失ですなあ。もっとこのマンガ、間があったら、よい気がする。

  • むきめい(規制) さん

    初々しい長門。

  • よくふとる良太 さん

    なんかよんでしまうあ 嫁はんに似とうからやろな よぉしゃべるふしぎキャラのべっぴんさん

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド