ツィンマーマン、ベルント・アロイス(1918-1970)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

若い詩人のためのレクィエム B.コンタルスキー&オランダ・シンフォニア、ピットマン=ジェニングス、他

ツィンマーマン、ベルント・アロイス(1918-1970)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CYBELE860501S
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ツィンマーマンの超大作にして問題作、『若い詩人のためのレクイエム』が登場!
 20世紀オペラの最高傑作とも呼ばれる『軍人たち』の作曲者、ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918−1970)が拳銃自殺で命を落とす前年に完成させた超大作にして問題作、『若い詩人のためのレクイエム』の新録音がいよいよ登場!
 演奏にはオーケストラ、3つの合唱団、ソプラノ、バリトン、ジャズ・クィンテット、オルガン、電子楽器、テープという250人を超える巨大編成を必要とするツィンマーマンの「レクイエム」。
 テキストにはマヤコフスキーの詩が随所で用いられており、テープからは、ヨハネ12世、毛沢東、イムレ・ナジ、ヒトラー、スターリン、チャーチル、チェンバレン、ジョイス、ウィトゲンシュタインなどの肉声が流れ、ベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章の冒頭部分、ビートルズの「ヘイ・ジュード」が突如現れるなど、巨大な編成が次々と繰り広げるカオスの世界にただただ呆然とするしかありません。
 無秩序が作品全体を支配しているのかと思いきや、この構成はツィンマーマンによって全て計算されたものだというのだから恐れ入ります(ブックレットに記載あり〔日本語訳は掲載されていません〕)。
 死の直前にツィンマーマンが書き上げた「レクイエム」という名のメッセージはあまりにも深いものです。(東京エムプラス)

・ツィンマーマン:若い詩人のためのレクイエム
 クラウディア・ブラインスキー(ソプラノ)
 デイヴィット・ピットマン=ジェニングス(バリトン)
 エリク・ヴロイマンス・クィンテット
 ヤン・ハーゲ(オルガン)
 ジョアン・ラファエル(電子楽器)
 ブルノ・チェコ・フィルハーモニック合唱団
 スロヴァキア・フィルハーモニック合唱団
 エウロパ・コール・アカデミー
 オランダ・シンフォニア
 ベルンハルト・コンタルスキー(指揮)

 録音:2006年(ライヴ)
 DSD Recording
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND (5.0ch.)

収録曲   

  • 01. Zimmermann: Requiem for a young poet: I. Prolog / Requiem I [39:37]
  • 02. II. Rappresentazione [5:09]
  • 03. III. Elegia [1:44]
  • 04. IV. Tratto [1:09]
  • 05. V. Lamento [6:48]
  • 06. VI. Dona nobis pacem [8:35]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
☆
☆
☆
☆
☆
錯綜する「言語」の嵐に翻弄され、自分の中...

投稿日:2009/05/17 (日)

錯綜する「言語」の嵐に翻弄され、自分の中での「音楽」の定義が変容する。まさに「リンガル」という作曲者創作のジャンル名がぴたりと当てはまる、疑いなき20世紀の傑作。なのに、今のところこれしか入手できないとは。聴くしかない!

tak さん | 鳥取県 | 不明

3

ツィンマーマン、ベルント・アロイス(1918-1970)に関連するトピックス

おすすめの商品