チレア(1866-1950)

チレア(1866-1950) プロフィール

チレア(1866-1950) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

フランチェスコ・チレアFrancesco Cilea、1866年7月26日 - 1950年11月20日)は、イタリアのオペラ作曲家。

人物

1866年7月26日にイタリアのレッジョ・カラブリア県パルミにて生まれた。

ナポリ音楽院に学び成績優秀。公教育省から金メダルを授与され、また、「模範学生」として表彰される。

1889年、音楽院の卒業作品としてオペラ『ジーナ』を作曲。音楽院付属の小劇場で上演し、好評を得る。

「ジーナ」を評価したソンゾーニョは、チレアに短い三幕物のオペラ『ラ・チルダ』の作曲を注文する。アンジェロ・ザナルディーニの台本に基づく『ラ・チルダ』は、1892年4月7日、フィレンツェのパリアーノ劇場で成功裏に初演され、同年9月24日には、ウィーン初演が実現する。しかし、チレア本人は、このオペラを好まず、のち、総譜も失われた。

1897年11月27日、ミラノのリリコ劇場で、チレアの三つ目のオペラ『アルルの女』(原作:アルフォンス・ドーデ、台本:レオポルド・マレンコ)が初演され、当時24歳のエンリコ・カルーソがフェデリコ役を歌った。

1898年、フィレンツェの王立音楽院の和声教師となり、一時的に作曲を中断する。

1902年11月6日、ミラノのリリコ劇場で四幕物オペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』(台本:アルトゥーロ・コラウッティ)が初演され、カルーソなどの有力歌手が出演したこともあり、大成功を得る。同作品は、チレアの代表作となっている。

1905年、作曲に専念するため教師を辞職。1907年4月15日、アルトゥーロ・トスカニーニ指揮により、チレアの最後のオペラ作品『グローリア』(原作:ヴィクトリアン・サルドゥ『憎悪』(La Haine)、台本:アルトゥーロ・コラウッティ)が初演される。なお、チレアはこの作品の後もオペラの作曲を試みてはいるが、発表には至らなかった。室内楽や声楽曲の作曲は続けた。初演から25年後の1932年4月20日には、『グローリア』の改訂新版がナポリ・サンカルロ…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%