優しい暴力の時代

チョン・イヒョン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309208046
ISBN 10 : 4309208045
フォーマット
出版社
発行年月
2020年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
278p;19

内容詳細

それでも私たちは生きて、ゆっくりと消滅していくだろう。母と子、妻と夫、恋人、同僚、同級生…人々は親切に、礼儀正しく傷つけあう。「私たちの“ここ”と“今日”を記録する作家」が贈る、希望も絶望も消費する時代の生活の鎮魂歌。

【著者紹介】
チョンイヒョン : 1972年、ソウル生まれ。2002年に作家デビュー、04年「他人の孤独」で李孝石文学賞、06年「三豊百貨店」で現代文学賞を受賞。同年、『朝鮮日報』に連載した長編『マイスウィートソウル』が熱狂的な人気を得てベストセラーとなりドラマ化される。卓越した観察眼と巧みなストーリーで「私たちの都市の記録者」の異名を取る。現代韓国を代表する作家のひとり

斎藤真理子 : 1960年、新潟市生まれ。翻訳家。訳書に、パク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳、クレイン、第一回日本翻訳大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヘラジカ さん

    今年初読みの韓国文学。まるで境遇の重ならない登場人物たちに何故ここまで共感性を抱いてしまうのだろう。国も社会も性別も違う人々の生が、ぴったりと肌に張り付くように馴染んだ。読む前は全く感触の掴めなかった「優しい暴力」という言葉が、今ならすんなりと理解し、現実の世界に感じることすらできる。しみじみととても良い作品ばかりで没頭して読んだ。「ずうっと、夏」「夜の大観覧車」「アンナ」がお気に入りだが、ボーナストラックの「三豊百貨店」は格別。今年読んだ短篇のなかではベスト10に入るかもしれない。

  • ベル@bell-zou さん

    失敗して悔しかったこと、恥ずかしかったこと。迷惑をかけたこと。不平や不満を吐き出せずやり過ごすより無かったこと。関わった誰かの消息を知ったとき。そんなことが一見どうってことないような人生に、チャプターみたいに刻まれる。幸せなことよりも、多く、確実に。そして私も誰かのチャプターに違いないのだ。"好物:ズッキーニ、りんご、バナナ…"大事なものを誰かに託す気持ちが切ない「ミス・チョと亀と僕」。いずれ二度と会えないなら、それ自体が救いになる「三豊百貨店」。この二篇が特に良かった。↓

  • jamko さん

    冒頭の「ミス・チョと亀と僕」ケアが仕事だったり愛情に絡んだりするとしんどいから、無責任にケアしあう関係、名付けようのない関係性を肯定的に描くことに癒される。寂しくても。思いのほか元気が出たのは「夜の大観覧車」。主人公のヤンほど年もとってないのになんか疲れてたな自分、と思わされた。初めての横浜で観覧車を見上げるように、かつての恋を思い出すように、人生のコントロールはいつだって自分の手中にある。

  • manabukimoto さん

    素晴らしい。今年出会った本の中でひときわ心に残る一冊になりそう。 妊娠した男女それぞれの母親の戸惑いを「ふた」というメタファーを使って描く『何でもないこと』。 日本人の父と韓国人の母を持つ主人公が、やっと出会えたかけがえのない親友。彼女との成就されない友情を描く『ずうっと、夏』。 圧巻は、1995年に起きた百貨店の崩落事故から間一髪逃れた主人公の振り返り『三豊百貨店』。 정이현は「今は、親切な優しい表情で傷つけあう人々の時代であるらしい。」と述べている。 喪失という傷を背負い生きる人たちの物語。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品