チャールズ F ハアネル / 菅靖彦

人物・団体ページへ

ザ・マスター・キー

チャールズ F ハアネル / 菅靖彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309244266
ISBN 10 : 4309244262
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,310p
20cm,310p

商品説明

ナポレオン・ヒル、デール・カーネギーらに多大な影響を与え、学生だったビル・ゲイツに起業を決心させた自己啓発書の古典が、今蘇る!人間の潜在能力を開花させ自信を育み、恐れや心配を取り除き幸せに暮らす「鍵」を伝授する。

内容詳細

アメリカの成功者たちが証明する、最強の成功哲学であり、自己啓発の名著全米ベストセラー『ザ・シークレット』の原典となった、永遠普遍の極意を24週のレッスンで学ぶ。最強の成功哲学、自己啓発の名著。

目次 : すべてのパワーは内側からやってくる/ 潜在意識の驚くべきパワー/ 身体の太陽/ パワーの秘密/ 心の家の作り方/ 注意力を養う/ イメージの威力/ 想像力を養う/ 肯定的暗示の活用法/ 思考は宇宙と個人をつなぐリンク/ 帰納的推理と客観的な心/ 引き寄せの法則/ 夢は実現する/ 潜在意識は宇宙精神と一つである/ わたしたちの暮らしを支える法則/ スピリチュアル・パワーを発揮する/ 象徴と現実―真の集中/ 新しい意識の目覚め/ 運命を制御する/ 人は求めるものしか得られない/ 人間は平等である/ 波動の法則/ お金とスピリチュアリティ/ 心の錬金術

【著者紹介】
チャールズ・F・ハアネル : 1866年ミシガン州生まれのアメリカ人。30代前半から砂糖やコーヒーを扱う事業をはじめて莫大な富を築く。事業のかたわら自分が学んだ成功哲学を著した作品を次々に出版した。『ザ・マスター・キー』はその代表作で、ナポレオン・ヒルやデール・カーネギーらが多大な影響を受けたとされる。2007年、全米で大ベストセラーとなったThe Secretにも引用され、大きな話題となっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • デビっちん さん

    発売から全米で異例の売れ行きを示し、教会からキリスト教の思想にそぐわないということで発禁処分にもなった本だそうです。それだけ影響が強かったんですね。あのビルゲイツ氏がこの本を読んで大学を中退て起業したというくらいなんですから。思考や力の使い方が解説されていましたが、実際に行動しないと何事も引き寄せられないんですよねー。

  • Chelsea さん

    読みました。私にとっては何度も手にする本にはならなかった。でもいい本だと思います。処分します。

  • ゆえん さん

    発禁処分も受けた自己啓発、成功法則の書。24週にわたって教えを授ける方式で、言い方をちょっとずつ変えながらも大事なことを教えてくれる。 その教えは時にキリスト教的でもあり、時に仏教的でもあり、現在まで様々な引き寄せや成功法則などにも受け継がれている。 ビルゲイツ氏がこの本を読んで成功者の仲間入りしたと知られている。ということは、24週かけてこの本に書かれていることを実践すれば、成功者の仲間入りの第一歩を踏み出すわけで、ということを書いたからにはやってみないと…

  • yoshi さん

    正直、ちょっと「引き寄せの法則」関係の本には、もうあきました。というか、この本が発刊は一番最初かも知れないんですが、一番最後に読んでしまったので、ちょっと満腹でした。

  • 石臼 さん

    引き寄せの法則を最初に提唱したとされてる本。内容的には調和という在り様を重要視するかなりスピリチュアルなもの。唯物的な引き寄せのメソッドを求めている人は面食らうかもしれない。この本の思想を受け入れられるかどうかも、個人差があるだろう。ただ、第10週までのエクササイズは思想のいかんにかかわらず、自分の精神状態をコントロールする訓練として非常に分かりやすい。精神鍛錬に興味があれば前半だけでも読んでみるといいだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品