スヌーピーたちの心の相談室 3 個性的になる法 講談社プラスアルファ文庫

チャールズ・M・シュルツ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062569569
ISBN 10 : 4062569566
フォーマット
出版社
発行年月
2005年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,156p

内容詳細

スヌーピーやペパーミントパティがところかまわず眠るのは?チャーリー・ブラウンがよくタメイキをつくのは?スパイクがひとりぼっちでいつづけるのは?サリーがわがままいっぱいに叫ぶのは?トラブったり、つまずいたりしながら、それでもみんな、平然と自分らしくしていられるのは…!?その生き方を臨床心理士の岩宮恵子が読み解く。

目次 : 1 何かによりかかりたいとき/ 2 誰もわかってくれないとき/ 3 なぜかずれてしまうとき/ 4 どこかしっくりしないとき

【著者紹介】
チャールズ・M・シュルツ : 1922年、アメリカ・ミネソタ州に生まれる。漫画家。1950年10月2日に「ピーナッツ」のタイトルで新聞連載が始まり、以来、50年にわたりスヌーピーたちの活躍は続いた

谷川俊太郎 : 1931年、東京都に生まれる。詩人

岩宮恵子 : 1960年、鳥取県に生まれる。臨床心理士。鳥取大学医学部精神科での臨床を経て、臨床心理相談室を個人開業。2001年より島根大学教育学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャールズ・M・シュルツ

1922年、アメリカ・ミネソタ州生まれ。漫画家。代表作『ピーナッツ』シリーズは50年間にわたり連載され、今も全世界にファンを持つ。1950年にアメリカの新聞7紙に『ピーナッツ』のタイトルで連載を開始、2000年に77歳で死去した翌日、最終回が掲載された。1984年には掲載紙は2000紙に達し、ギネス

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品