チャールズ・ボーモント

人物・団体ページへ

夜の旅その他の旅

チャールズ・ボーモント

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152001047
ISBN 10 : 4152001046
フォーマット
出版社
発行年月
1978年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
325p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mejiro さん

    「古典的な事件」「魔術師」「人里離れた死」「叫ぶ男」「夜の旅」がおもしろかった。 人間の内面を描いたもの中心。怪物や幽霊の話よりこちらの方が好きかも。

  • ニミッツクラス さん

    78年の改訂2版を読んだ。元は60年に出た同原題の短編集なのだが、日本での知名度は低く、訳者小笠原氏のあとがきでも多くを語ってない。この短編集を出したあとミステリー・ゾーン(=トワイライト・ゾーン)の脚本で名を馳せるのだが、それを知らずに読んだものだから玉石混淆の作家だなぁと思った。実際には長編のネタには苦しいよという程度で、私のジャンルの得手不得手から生じた印象に過ぎない。「お父さん、なつかしいお父さん」は禁断の時間いじりだが、Son of a bitchと言う俗語で上手くまとめてニヤリ。★★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャールズ・ボーモント

1929年、シカゴ生まれ。レイ・ブラッドベリとの出会いを機に作家を志し、1951年「悪魔が来たりて―?」でデビュー。ロジャー・コーマンやリチャード・マシスンらと親交を結び、映画やTVの脚本を多く手がけるなど、多彩な活動を展開するが、若年性アルツハイマーを発症、1967年に38歳の若さで死去した

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品