チャールズ・ダーウィン

人物・団体ページへ

新訳 ビーグル号航海記 下

チャールズ・ダーウィン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582541397
ISBN 10 : 4582541399
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
追加情報
:
526p;20

内容詳細

アンデス山中とチリの大地震を経て、いよいよガラパゴス諸島へ。若き日のダーウィンの体験が、生き生きとよみがえる新訳完結!

目次 : 第12章 中央チリ/ 第13章 チロエおよびチョノス群島/ 第14章 チロエ島とコンセプシオン、大地震/ 第15章 コルディエラの峠道/ 第16章 北部チリとペルー/ 第17章 ガラパゴス諸島/ 第18章 タヒチとニュージーランド/ 第19章 オーストラリア/ 第20章 キーリング島―サンゴ礁の形成/ 第21章 モーリシャス島からイングランドへ

【著者紹介】
チャールズ・R.ダーウィン : 1809‐82。イギリスの博物学者。自然淘汰による進化論を提唱。著名な思想家E.ダーウィンを祖父とし、母方は陶器製造で有名なウェッジウッド家。幼少年期より博物学に興味をもつ。エジンバラ大学医学部を中途退学し、ケンブリッジ大学神学部に学ぶ。卒業後、22歳で海軍の測量観測船ビーグル号に無給の博物学者として乗船(1831‐36)、南半球各地の地質、動植物を観察して自然淘汰が進化の要因であることを確信する

荒俣宏 : 1947年東京生まれ。博物学研究家、作家、翻訳家。慶應義塾大学法学部卒業後、日魯漁業(現マルハニチロHD)コンピュータ室勤務を経て、翻訳家・作家として活躍。幻想文学、図像学、博物学、産業考古学、妖怪学など幅広い分野で著作活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    チロエ島の住民は、4分の3はインディオの血を引く。つましく、おだやかで、勤勉な人びと(53頁)。島の人たちの島民性は山国の人間も学ぶ必要を感じる。食べものにこと欠かないが、貧しい。仕事はまるでない(54頁)。これは問題。進化論の著者が、未開文明や大航海時代のような記録を残していたのは驚きである。世の動きから外れる、ガラパゴス化の元となる諸島の話(第17章)。火山が島になったようだ。タヒチの道徳観は、信仰心の高さと同様、高水準(305頁)。不正直、飲酒癖、淫蕩はキリスト教移入で激減したという。人間らしさを。

  • roughfractus02 さん

    チリ地震体験による津波と地面隆起の記述は、イギリスに運ばれて精錬される銅の鉱山やマイブ流域の果樹園の労働の描写と連続する。同様に、有名なガラパゴス諸島でのフィンチの観察による変異と淘汰の洞察は、タヒチやニュージーランドの住民への植民地主義者の眼差しと連続する。この連続的な観察と記述は、著者の観察を自らの習慣を投影する解釈から自らを超える自然の運動にシフトさせる。インド洋キーリング島の観察では、地震の地面隆起の記憶と相まって、環礁になる条件を水面近くに生きる珊瑚が沈下によって成長して環状に残ったと仮説する。

  • 下良 さん

    1835年、種の起源のヒントとなったガラパゴス群島の記録。ジェームス島、チャールズ島、アルベマール島など10島程からなる。ダーウィンの注意を引いたのは、島により異なるかめの甲の形。首の上が広がっていて上に首を伸ばせるもの(背の高いサボテンを食すため)、丸くなっていて伸ばせないもの(草地を食)がいる。トカゲや鳥類など(渡り鳥を除く)人への警戒心がない。しかし、フェド島のように土着民がいる島の鳥は、狩猟を受けているので警戒心が高いなど生態が異なる。生き延びるための経験が進化を生んでいる。

  • Rootport Blindwatchmaker さん

    航海中の日記とメモをもとに書かれた本書。面白いのは、著者の成長を垣間見られる点だ。大学卒業直後のダーウィンは、今でいう「モラトリアム大学生」や「真面目系クズ」だった。ところが、5年間の航海が彼を変えた。たとえば上巻の、とくに序盤の内容は、はてなブロガーさながらの表面的なエッセイに過ぎない。一方、下巻では自然に関する記述がより科学的なものになり、植民地に関する社会学的な考察は一段階深い≠烽フになっている。著者の人間的な成長が行間から滲み出しているのだ。久しぶりに読み終わるのが惜しいと感じられる一冊だった。

  • vivol さん

    人間を含めた自然との出会いが旅の収穫だったそうです。これはもう当たり前ですけど、本で読むのと体験するのとでは全然違うでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』
  • 「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨... |2016年01月13日 (水) 08:05
    「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑
  • ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂 新章の書きおろし、新規薬剤・文献のアップデート、新規付録「クリティカルケアで重要な薬物相互作用」の追加など、大幅な改... |2015年12月24日 (木) 13:20
    ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂

おすすめの商品