チャールス・C・ポアリエ

人物・団体ページへ

サプライチェーン・コラボレーション 原材料調達・生産・販売システム最適化の追求

チャールス・C・ポアリエ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784502358739
ISBN 10 : 4502358738
フォーマット
出版社
発行年月
2001年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
275p;22

内容詳細

ITやソフトウェアの導入と併せて継続的改善の努力がSCM実現には必須である。本書はコラボレーション(協働)に関する記述に富み、SCMの基本に立ち返り、新しくSCMを展開するためのヒントを多く含む。

【著者紹介】
チャールス・C・ポアリエ : エレクトロニック・データ・コーポレーション(EDS)の系列企業であるA.T.カーニー・コンサルティング・サービスのシカゴ事務所に勤務し、消費財グループを統括している。前職は、パッケージング・コーポレーション・オブ・アメリカ(PCA)の品質と生産性担当の上級副社長であった。PCA入社前は、セント・レジス・ペーパ社のコンテナ部門の、技師長、製造担当取締役、地域部長、マーケティングおよびセールス担当取締役を勤めていた。1958年にカーネギーメロン大学で工業経営学士号を、1966年にはピッツバーグ大学で経営管理学修士(MBA)号を取得している

スティーブン・E・レイター : A.T.カーニー・コンサルティング・サービスのシカゴ事務所に勤務し、情報統括役員室の責任者である。世界的企業へのコンサルティング活動を通じて、とくに総合的品質管理(TQM)、プロセス・リエンジニアリング、情報技術(IT)の適用に大きな成果を収めさせてきている。クィーンズカレッジ、ニューヨーク校を経て、ニューヨーク大学のスターン経営大学院で学んだ。複数の大学院の諮問委員、コンピュータ業界や非営利団体の評議員を務めている

松浦春樹 : 早稲田大学理工学部応用物理学科卒業。企業勤務を経て、同大学院工業経営学分野生産管理学専修博士課程修了。工学博士。金沢工業大学経営工学科勤務を経て、現在、神奈川大学経営学部教授。経営情報論担当。国内外誌にMRP、JITなどに題材をとった論文多数

山田勝也 : 外資系企業で財務及びビジネスプランニングを担当。サプライチェーンプランニングソフトウェア企業で管理担当。現在は、インターネット半導体商社でマーケティング及びビジネスプランニングを担当

尾西克治 : 家電メーカーにて長年生産、財務、ロジスティクス、サプライチェーン業務に携わった後、サプライチェープランニングソフトウェア企業にて顧客向けサプライチェーンコンサルティングを担当。現在は通信機器メーカーでサプライチェーンオペレーション担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャールス・C・ポアリエ

エレクトロニック・データ・コーポレーション(EDS)の系列企業であるA.T.カーニー・コンサルティング・サービスのシカゴ事務所に勤務し、消費財グループを統括している。前職は、パッケージング・コーポレーション・オブ・アメリカ(PCA)の品質と生産性担当の上級副社長であった。PCA入社前は、セント・レジ

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品