チャイコフスキー(1840-1893)
新商品あり

チャイコフスキー(1840-1893) レビュー一覧

チャイコフスキー(1840-1893) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

3913件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • グラズノフの8番目当てで買った。この曲は以前から大...

    投稿日:2019/10/10

    グラズノフの8番目当てで買った。この曲は以前から大好きな曲で、出ているCDはほぼ全部を所有している。私とこの曲の出会いは、中学生時代にFM放送で聴きその後すぐ購入したスヴェトラーノフ・モスクワ放送交響楽団とのものだった。原版はソ連のメロディアだったがレコードは日本コロンビアの国内版で音も悪くなく、それまで聴いてきた曲とは違った清新さに心が躍ったものだった。その後CD時代になり、多くのディスク購入してきたがすべての演奏に満足できなかった。スヴェトラーノフ・ソヴィエト国立管弦楽団とのディスクも購入したが、音質がひどくとても聴けたものではなかった。なぜスヴェトラ・モスクワ放送響とのディスクが出ないのかとモヤモヤしながら同演奏のレコードをCDに焼き聴き続けてきた。  前置きがやたら長くなったが、このディスク、かなり購入を躊躇していた。理由は私が日本のオーケストラにアレルギーがあったためである。N響の地方公演で「田舎者のお前らにはこんなもんでいいだろう」と散々陳腐な名曲を聴かされてきたからだ。そして朝日奈・大響にも決して感動できなかった。しかしこの曲があまりにも好きな私は賭けに出た。朝比奈の特性を逆に判断・期待した。満足できなかった多くのディスクはテンポがやたら速く、この曲の持つ歌謡性と対位法的な技法が聞き取れなかったからだ。そこで朝比奈のブルックナー的重厚長大路線に期待した。結果大当たりだった。第1楽章から情緒満点。決して遅いテンポではないが、各主題をしっかり歌い込む。ただのモチーフの様なメロディが美しい歌に代わってる。第2楽章。この重々しく葬送曲の様な曲を朝比奈は浄化されたアダージョ(楽譜上の指示はメスト)にしている。第2主題部で現れるフルートのメロディはスヴェトラのそれより美しい。闊達なスケルツォ(第3楽章)は丁寧な中にもユーモアを十分感じる。そして聴きどころの第4楽章。序奏の音階の4分音符を一歩一歩丁寧に丁寧に積み上げる。単純な音階が歌になっている。そしてヴァイオリンの高音のなんと美しいことか。その後ホルンとヴィオラ。チェロで奏でられる第1主題は地に足が着いておりかっこいい。クラで奏でられる第2主題もロシアの春の様に清新さに満ちている。その後展開部の対位法的な面白さ、再現部での堂々とした曲運び、感動的なコーダと朝比奈はまさにブルックナーのようにこの無名な交響曲を歌い上げる。実に堂々として爽やかな名演だった。この曲の良さを最大限に引き出した朝比奈に脱帽する。新星日響も時にロシアのオケか?と思わせる気迫で朝比奈に応えている。この演奏でスヴェトラでも感じなかったこの曲の良さに気付くことができた。やっと理想のグラズノフの第8番に出会うことができた。偏見とは良いものを見のがさせる、と反省した。朝比奈さんごめんなさい。日本オーケストラごめんなさい。買って良かった。早く買っておけばよかった・・・。既存の名交響曲に飽きたリスナーの皆さん。この機会にいかがでしょうか。

    のだめノビルメンテ さん

    0
  • チャイコフスキーの音楽をド派手に鳴らすと外連味満載...

    投稿日:2019/10/09

    チャイコフスキーの音楽をド派手に鳴らすと外連味満載で嫌らしくなる。そういう大時代的な演奏も少なくない中で、賢明なユロフスキーは純音楽的な再現を心掛けているのだろう。これほど静的で繊細な味わいに満ちた「白鳥の湖」は珍しい。ロシアの楽団による演奏だが、ロシア的な土着性を強調せず、あく抜きをして、つとめて上品に演奏したチャイコフスキーになっている。外面的な効果を狙った仰々しいチャイコフスキー演奏が苦手な人でも、これなら拒絶反応は起こるまい。細部を丁寧に吟味して練り上げ、落ち着いたテンポでじっくりと聞かせる。今までにありそうで無かったタイプの演奏だろう。

    ROYCE さん |60代

    0
  • チャイコフスキイの交響曲第4番を聴きたくて購入した...

    投稿日:2019/09/20

    チャイコフスキイの交響曲第4番を聴きたくて購入したのだが、モーツァルトがことのほか良かった。 音はクリアなのだが、音に立体感や奥行きがないのが残念。

    ユローヂィヴィ さん |40代

    0
  • チェルカスキーのピアノは年齢のためか荒く感じられる...

    投稿日:2019/09/13

    チェルカスキーのピアノは年齢のためか荒く感じられるが、武骨なところがスヴェトラーノフの指揮とマッチしていて面白い。 ピアノ協奏曲第2番は第1番の影に隠れて知られざる作品だが、チャイコフスキイのロシア魂が強く感じられる作品。なかなかの大作だ。 スヴェトラーノフの自作自演になる『詩曲』は単純な作品だが個人的にとても好きな作品。 最近は一度聴いてその後何年間も聴いていないCDが多いが、これはもう何十回聴いたかわからない。

    ユローヂィヴィ さん |40代

    0
  • 素晴らしい演奏者がこのロシア・ナショナル管弦楽団に...

    投稿日:2019/09/08

    素晴らしい演奏者がこのロシア・ナショナル管弦楽団に揃っているということを改めて感じた。 管楽器の個々のソロのパートがとても綺麗だ。 弦楽のセクションも第2幕第14曲のコーダの部分を聴いていて思わず「おお!」と声を出してしまったが、素晴らしいアンサンブルを随所で聴かせてくれる。

    ユローヂィヴィ さん |40代

    0
  • 新しく発売されたLPレコードの評価は星★とします。CD...

    投稿日:2019/08/27

    新しく発売されたLPレコードの評価は星★とします。CDの評価は星★★★★★でよいと思います。1970年代に購入したLPレコードは高音域の伸びがあり、ダイナミックな迫力がありました。アンドレ・プレヴィン指揮・ロンドン交響楽団のすばらしい演奏を楽しむこともできました。最近発売されたLPレコードは、デジタル24bit/96khzにリマスターされた音源を使用してLPレコードを製造しているようで、本来のアナログ・オーディオの音になっていないと感じました。各レコード・メーカーも当時のアナログLPレコードの音響を取り戻してほしいものです。

    WE555 さん |70代

    0
  • 素晴らしい音質です。GRAND SLAM様様。最新録音のよう...

    投稿日:2019/08/10

    素晴らしい音質です。GRAND SLAM様様。最新録音のように分離も音圧もすごい。というより殆どの最新録音よりこちらの方がすごいです。SACDよりも凄い。演奏はリヒテルとカラヤンなので言うまでもないですが。決定盤だと思います。

    ぴんちょん さん |30代

    0
  • 確かにスヴェトラーノフのマンフレッドは東京ライヴが...

    投稿日:2019/08/07

    確かにスヴェトラーノフのマンフレッドは東京ライヴが至高。しかし当BPO盤は高性能オケを乗り回した凄絶なドライヴ感があり痛快。金管も思い切り強奏しているがロシアオケとは違いシャープで洗練されたBPOのあの音。それがスヴェトラーノフの棒の元、縦横無尽に暴れ回るのだからこの上なくスリリング。冒頭から尋常ではない低弦の厚みとつんのめる推進力に圧倒され、そのままのテンションで一気に終楽章コーダまで突っ走る(コーダは例の自称原典版)。その終楽章はBPOの機動力全開の爆演で凄まじいテンポの速さと猛烈なオケのパワーに度肝を抜かれた。それでいて第3楽章などにおける濃厚な味付けも徹底されており1本調子に陥っていないのは凄い。随所で轟くゼーガース氏のティンパニも見事。レオノーレとハイドンはインパクトには欠けるがどっしりと腰の据わった演奏でこちらも素晴らしい。録音はオン気味で生々しく(特にゴリゴリ感触のバス!)大変良好。

    スノードロップ さん |20代

    0
  • マイナーな両曲の決定的名演!交響曲第7番は作品自体...

    投稿日:2019/08/03

    マイナーな両曲の決定的名演!交響曲第7番は作品自体に賛否あろうが私はわりと好んで聴いている。ヤルヴィも良かったし、オーマンディは豊饒なフィラデルフィア・サウンドできわめて美しく豪快な演奏で楽しませてくれたが、キタエンコはもっと図太くまさにロシアの大地を思わせるようなスケール感。ザリザリと分厚い弦楽器と武骨な管楽器の咆哮、そして地の底から湧き上がるようなティンパニ等、物凄いパワーで迫ると同時に、この曲はこんなに立派だったのかという感銘さえ与える。特に第4楽章は映画音楽を思わせるような単純さだが、キタエンコの演奏で聴くと最後のマーチ風の部分も格調高く感動的に響きわたる。また併録のピアノ協奏曲第3番も名演。アバドとのラフマニノフが有名なジルベルシュテインがソリストだが、遅いテンポで濃密に描き切った美演で、弱音部の繊細さは格別。オケもここぞという場面では交響曲と同様に豪壮に咆哮する。音は会場ゆえにデッドだがSACDの面目躍如たる超優秀録音。量感豊かな低音から伸びやかな高音まで克明に捉えきっている。

    スノードロップ さん |20代

    0
  • この交響曲では、やはり第2楽章に注目せざるを得ない...

    投稿日:2019/07/27

    この交響曲では、やはり第2楽章に注目せざるを得ないところ、いろいろな名演がある中、やはりうっとりさせられました。暖かくのびやかに朗々と奏でるホルンの美しさはとても印象的でした。晩年のカラヤンとは違い、このCDでは音楽が自然に心地よく耳に入り込みます。くるみ割り人形もチャーミングで素敵。ただ、不満が一つ。金管が奥に引っ込んだ感じで、前面に出てこず、やや平板的になっていること。それが残念であった。

    じゅんとねね さん |60代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%