チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Sym.5: Abbado / Cso, Rococo Variations: Yo-yo Ma(Vc), Maazel / Pittsburgh.so

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SMK89795
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. Abbado, Claudio - Sinfonie Nr. 5 E-moll Op. 64
  • 02. 1. Andante
  • 03. 2. Andante Cantabile, Con Alcuna Licenza
  • 04. 3. Walzer: Allegro Moderato
  • 05. 4. Finale: Andante Maestoso
  • 06. Ma, Yo-yo - Variationen Ueber Ein Rokoko-thema Op.
  • 07. 1. Moderato Quasi Andante - Thema: Moderato Sempli
  • 08. 2. Variation 1: Tempo Del Tema
  • 09. 3. Variation 2: Tempo Del Tema
  • 10. 4. Variation 3: Andante Sostenuto
  • 11. 5. Variation 4: Andante Grazioso
  • 12. 6. Variation 5: Allegro Moderato
  • 13. 7. Variation 6: Andante
  • 14. 8. Variation 7: Coda: Allegro Vivo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アバドの指揮するチャイコフスキー交響曲は...

投稿日:2010/07/19 (月)

アバドの指揮するチャイコフスキー交響曲は演奏としては三種類出ており1970年LSOとの録音(タイム@14’53A12’27B5’50C12’06)、本盤1985年(アバド52歳頃)CSO(同@14’35A12’40B6’14C12’02)そして1994年ライブでBPO(同@14’55A13’04B5’51C12’06)であります・・・そんなに彼らしくブレはありません。私は以前アバドのCSOとの後期交響曲の演奏盤で多分この時期が一番彼にとって良かった時代なのではとメモした記憶があります。本盤第5番も実にノビノビと展開して行っており第1楽章、第3楽章締め括りなどもそれがよく表れております。全体ロシアの粘着性とは無縁でCSOのしっかりした機能美を駆使して彼持ち前の柔軟さでもって流れを創っております。マァもう少し灰汁的なものも欲しい処でしょうがこれはこれで楽しめるのではないでしょうか、素晴らしいランクの演奏と思いました。本盤他の収録曲は未聴であります。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品