チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

弦楽セレナード、『フィレンツェの思い出』、感傷的なワルツ、他 ヴォルフガング・エマニュエル・シュミット&メタモルフォーゼン・ベルリン

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985422242
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

メタモルフォーゼン・ベルリン /チャイコフスキー:セレナード

2015年発売の『インスピレイション』に続く、ベルリン屈指の弦楽オーケストラ「メタモルフォーゼン・ベルリン」のソニー・クラシカル第2弾です。ベルリンの名門オケの若手メンバーを中心に結成された弦楽オーケストラ、「メタモルフォーゼン・ベルリン」によるチャイコフスキー・アルバムの登場です。
 2010年に、ベルリン・ドイツ・オペラ管コンサートマスターのインディラ・コッホと、その夫でベルリンをベースに活躍するチェリストのヴォルフガンク・エマニュエル・シュミットによって結成され、メンバーは、ドイツ、スイス、フランス、スペイン、ハンガリー、アルゼンチン、ベネズエラ、そしてアジア圏からは韓国と日本からも才能ある若手が集められています。ヴォルフガンク・エマニュエル・シュミットが奏でる美しいチェロの音色を包み込むように響き渡るメンバーたちの弦の響きの美しさに耳を奪われます。
 今作はチャイコフスキーの『弦楽セレナード』『フィレンツェの思い出』を中心に、シュミット自身が編曲した小品と『感傷的なワルツ』を配した聴きごたえのあるアルバムです。前作でのドヴォルザークやスークといった東欧の作品とはまた違った重厚な響きが印象的で、このアンサンブルの可能性を知らしめるものです。(輸入元情報)

【収録情報】
チャイコフスキー:
● 弦楽六重奏曲ニ短調 Op.70『フィレンツェの思い出』(弦楽合奏版)
● 感傷的なワルツ Op.51-6
● 『四季』 Op.37aより『10月』(ヴォルフガング・エマニュエル・シュミット編)
● 夜想曲 Op.19-4 (ヴォルフガング・エマニュエル・シュミット編)
● 弦楽セレナード ハ長調 Op.48


 メタモルフォーゼン・ベルリン
 ヴォルフガング・エマニュエル・シュミット(指揮、チェロ)

 録音時期:2016年12月
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Souvenir de Florence, Op. 70 / I. Allegro Con Spirito
  • 02. Souvenir de Florence, Op. 70 / II. Adagio Cantabile E Con Moto
  • 03. Souvenir de Florence, Op. 70 / III. Allegretto Moderato
  • 04. Souvenir de Florence, Op. 70 / IV. Allegro Vivace
  • 05. Valse Sentimentale, Op. 51, No. 6
  • 06. The Seasons, Op. 37A: X. October
  • 07. Nocturne, Op. 19, No. 4
  • 08. Serenade for String Orchestra in C Major, Op. 48 / I. Pezzo in Forma Di Sonatina. Andante Non Troppo - Allegro Moderato
  • 09. Serenade for String Orchestra in C Major, Op. 48 / II. Valse. Moderato - Tempo Di Valse
  • 10. Serenade for String Orchestra in C Major, Op. 48 / III. lgie. Larghetto Elegiaco
  • 11. Serenade for String Orchestra in C Major, Op. 48 / IV. Finale. Tema Russo. Andante - Allegro Con Spirito

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品