CD

交響曲第6番『悲愴』 エフゲニー・ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル(1960)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCS9117
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

クラシックの100枚
チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』
エフゲニー・ムラヴィンスキー


【生産限定盤】
20世紀を代表する指揮者の一人、ムラヴィンスキーがドイツ・グラモフォンに遺したチャイコフスキーの三大交響曲は録音から半世紀以上を経た今なお根強い人気を誇っています。この第6番《悲愴》はヨーロッパ演奏旅行の際にウィーンのムジークフェラインで録音されました。(メーカー資料より)

チャイコフスキー:
交響曲 第6番 ロ短調 作品74《悲愴》

レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:エフゲニー・ムラヴィンスキー

録音:1960年11月 ウィーン

内容詳細

ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルによるチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」を収録(1960年録音)。チャイコフスキーの王道作品を、彼の祖国出身の指揮者とオーケストラが仕立て上げる、ロシア色濃厚な名盤。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74 第1楽章: Adagio - Allegro non troppo
  • 02. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74 第2楽章: Allegro con grazia
  • 03. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74 第3楽章: Allegro molto vivace
  • 04. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74 第4楽章: Finale (Adagio lamentoso - Andante)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
以前、このSACDを聴きもしないでその価格に...

投稿日:2016/02/13 (土)

以前、このSACDを聴きもしないでその価格にのみ反応したレビューをしたことがあるが、誠に恥じ入るばかりである。SACDを再生できるプレーヤーを入手してからそのクオリティーに驚いたものの、先のレビューの手前チャイコの4,5,6番はスルーしていたが、とうとう我慢できずにSACD化に踏み切った。こんなにも音質(音の密度が濃くて前後に広がってくる。素晴らしい)が向上し、細かなニュアンスが表現されるとは思っていなかった。4,5,6番どれも良い。発売から数年経っていてまだ在庫はあるようだが、限定版なので早めに入手されることをお勧めしたい。ホントと良いわ。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
たしかに、シングルレイヤー4500円は高い・...

投稿日:2013/03/24 (日)

たしかに、シングルレイヤー4500円は高い・・ハイブリッドの手間を考えればなおさら(いくら発売数が少ないとはいえ、そもそもクラシック自体が2000枚から5000枚程度のセールスでマーケティングしているんだから、たいして変わらないでしょう・・・)。。しかし演奏と録音は・・凄いの一言。 通常CDと聴き比べても段違い。@ダイナミクス、A音の分離、B楽器の音色感、すべてが完璧。60年という録音時期を考えると驚異的の一言。他のEMI、スプラフォン、DGのSACDも相当聴いているが、これは別格的な音質。何度も聴くこと考えると、個人的には4500円の価値はある。もちろん演奏も古今東西あらゆるディスクを考えても現代までこれを超えるものは無いと思う。こういうディスクを聴いているとライブ演奏の価値が自身の中で揺らいでしまうのが怖い・・。

まめ さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
 私にとっての“名コンビ”はカラヤン&ベ...

投稿日:2012/06/09 (土)

 私にとっての“名コンビ”はカラヤン&ベルリン・フィルとムラヴィンスキー&レニングラード・フィル。眉目秀麗な前者と質実剛健な後者。いずれも素晴らしいコンビ。耳にする回数はレコーディング数が圧倒的な前者の方が多いけれど,両者の直接対決のうち代表的なのが,このチャイコフスキーの後期3曲。両者とも,それぞれの長所を最大限に発揮した素晴らしい名演。天秤にかけ,どちらが下がるかなど,馬鹿げた話に思えてくる。 さて,この後者。先ほど書いたとおり正に“質実剛健”をそのまま音にした感じ。一切の無駄なく,虚飾ゼロ。前者カラヤンがスーパーモデルなら,こちら後者は一流のアスリート(陸上や水泳などかな…)。 音質の件,従来のCDでは,音の硬さが気になっていたのですが,このSACD化で幾分音が丸くなり聴きやすくなったような気がします。(ここまでは4〜6番共通のレビューです)。始まりと終わりの弱音…ここまで美しく鳴っていたんだ…。攻撃的な金管群も“美しく攻撃的な”金管群になった…!第3楽章など,もう言葉にならないほど。勿論,終楽章の(第1楽章も)研ぎ澄まされた弦楽も素晴らしすぎる!

masato さん | 新潟県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品