チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第6番『悲愴』、他 トスカニーニ&NBC響(ステレオ)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
M&ACD1194
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

・ロッシーニ:歌劇『セビーリャの理髪師』序曲(ステレオ)
・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調Op.74『悲愴』(ステレオ)
 録音:1954年3月21日、ニューヨーク、カーネギー・ホール

 NBC交響楽団
 アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)

収録曲   

  • 01. Ansage Und Applaus
  • 02. Nbc Symphony Orchestra - Ouvertuere Zu Der Barbie
  • 03. Applaus Und Ansage
  • 04. Nbc Symphony Orchestra - Sinfonie Nr. 6 H-moll Op.
  • 05. Adagio
  • 06. Allegro Con Grazia
  • 07. Allegro Molto Vivace
  • 08. Adagio Lamentoso
  • 09. Applaus Und Absage

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
モノラルLPで1947年録音の一気呵成(タイム...

投稿日:2009/06/09 (火)

モノラルLPで1947年録音の一気呵成(タイム約42分)のストレート「悲愴」で親しんで来たのですが本盤1954年のステレオ?盤については偶々知人のもので聴いた時の印象からすれば「あヽ こういうのも出たんだなぁ」という感慨だけで物珍しさが先行したのが正直な処です。本盤・・技術的には注目されるべきながら、ちょっとしたアクシデントも演奏も際どさもあり私はやはり真骨頂時期の旧盤の方にその完璧性からも原点を見ます。元来1942年フィラデルフィアO初め他のNBCSO共演分も所謂「悲愴」からやや距離感を感じながらのコメント。他は未聴です。

0
★
★
★
☆
☆
ステレオと聞いて期待したが、音がかなりぼ...

投稿日:2008/08/07 (木)

ステレオと聞いて期待したが、音がかなりぼやけている。3楽章の疑似ステレオの部分の方が音がよく聴こえる。 演奏も47年の方が統制がとれていて上ではないか? トスカニーニファンのためのアイテムという気がする。

金さん さん | 長野県長野市 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
確かにステレオではありますが、あまり良い...

投稿日:2007/02/06 (火)

確かにステレオではありますが、あまり良い音質ではありません。第三楽章後半の擬似ステレオ部分の方がいい音に聴こえます。むしろこちらの音源で全曲が聴きたいです。

デブリッヒ さん | 埼玉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト