SHM-CD

交響曲第6番『悲愴』、『白鳥の湖』抜粋 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD51024
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』、『白鳥の湖』抜粋
小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ


チャイコフスキーの2つの名曲を収録した小澤&サイトウ・キネンの名演。すすり泣く弦楽器、咆哮する管楽器が心の底からこみ上げる嗚咽と慟哭を表した『悲愴』に、優雅な白鳥たちの舞を彷彿とさせる『白鳥の湖』からの6曲。サイトウ・キネン・オーケストラならではのドラマティックな音楽が息づき、チャイコフスキーの魅力を十二分に引き出しています。『悲愴』は録音部門で1996年度レコード・アカデミー賞を受賞しました。(メーカー資料より)

【収録情報】
チャイコフスキー:
1. 交響曲第6番ロ短調 op.74『悲愴』
2. バレエ音楽『白鳥の湖』 op.20から

 情景(第1幕)
 情景(第2幕)
 白鳥たちの踊り(第2幕)
 4羽の白鳥たちの踊り(第2幕)
 白鳥たちの踊り:オデットと王子のパ・ダクシオン(第2幕)
 ハンガリーの踊り(チャールダーシュ)(第3幕)

 サイトウ・キネン・オーケストラ
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1995年9月(1)、1996年9月(2)
 録音場所:松本
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【デッカ ベスト100 premium】
アナログからデジタルまで、常に最先端の録音で名盤を生み出してきた名門レーベルによる最高のベスト100。
 世界を代表するクラシック・レーベルDECCAの名盤100タイトルシリーズが8年振りのリニューアル。カラヤン、小澤征爾、ショルティ、アシュケナージ、内田光子、村治佳織、ブレンデル、諏訪内晶子、パヴァロッティetc. レーベルを代表する往年の巨匠から現在活躍しているスターを惜しみなくラインナップ。
 現在最良のマスターを使用〜アナログ音源はオリジナル・マスターからDSD変換、さらにPCM176.4kHz/24bitマスターからHRカッティング、デジタル音源はルビジウム・クロック・カッティング。
 更に高音質SHM-CD。レーベル面カラーは、散乱光を吸収し音質向上に効果のあるグリーン・カラーを採用。
 オリジナル・カバー・イメージを極力再現したジャケット・デザイン。
 声楽作品は歌詞対訳付。(メーカー資料より)

内容詳細

小澤のエネルギーがオーケストラに乗り移ったドライヴ感あふれる演奏は、「悲愴」の持つさまざまなドラマを表現しつくしている。カップリングの「白鳥の湖」は翌96年の公演で、小澤の語り口のうまさが光る演奏だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とても繊細で慈しみ深く,明確なリズムと精...

投稿日:2012/12/11 (火)

とても繊細で慈しみ深く,明確なリズムと精緻な合奏でよどみなく流れ,劇的スケール感があり,強奏の嵐の中でも澄んだ美しさを保つ名演です。淡泊ながら音信の深さに感嘆します。

チョピン さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
サイトウ・キネン・オーケストラのアンサン...

投稿日:2009/04/16 (木)

サイトウ・キネン・オーケストラのアンサンブル、特に弦のまとまりは素晴らしい、日本が代表する一流プレーヤーが集まると、これほどオケの水準が上がるのかと驚かされる。全体のまとまり感は、十分メジャー・オーケストラと肩を並べる実力がある、と思われる。N響もまっ青だろう。 小澤さんの演奏も素晴らしい。カラヤンの愛弟子らしく、カラヤンに近い音作りで、美しく響きを大切にしたもので好感が持てる。

hossy さん | 愛媛 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品