チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第5番 カラヤン&ベルリン・フィル

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE13056
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
24ビット

商品説明

カラヤン&BPO/チャイコフスキー:交響曲第5番

1971年9月、ベルリンのイエス・キリスト教会においてセッション・レコーディングされたこの演奏は、当初「後期3大交響曲集」としてリリースされ、同年度のレコード・アカデミー賞を得るなど高い評価を獲得したものでした。 “アンチ・カラヤン”で鳴らした某評論家(故人)までも「この曲は、そしてその作曲家の音楽は、このようなものだと、レコードから出てくる現実の音像で思ってもらって、ほぼ完全に間違いない」という持って回った言いかたで絶賛を惜しまなかったエピソードでも知られています。
 演奏は、当時のカラヤンとベルリン・フィルの親密な協調ぶりを伝える素晴らしいもの。爆発的なエネルギーを放射しながらもあくまで流麗なサウンド、細部のニュアンスの豊富さ、管楽器のソロの表情の豊かさ等々、カラヤンが亡くなったことで失われてしまったブリリアントな「ベルリン・フィル・サウンド」が、教会の豊かな残響をともなって盛り上がり、さか巻くありさまは、とても筆舌の及ぶところではありません。

 また、一気に進められたセッションに由来するものなのか、演奏全体を貫く凄まじい緊張と生々しい熱気、うねるような流動感は、まるでライヴ録音を思わせるほどに強烈。このことが、カラヤンのおびただしい同曲録音の中でも一種特別な魅力をこの演奏に与えている要因と言えますが、そうした感興の発露を局所的な爆発に終らせないところがカラヤンのカラヤンたる所以であり、作品のクライマックスに向けてあらゆる要素を収斂させてゆく見事な手際には、やはり感嘆を禁じえません。交響曲を一編のドラマとして捉えるかのようなこうした手法がここまで完璧に達成された演奏は、いかにカラヤンといえども希少というほかはなく、この演奏がカラヤン信奉者はもちろん、“カラヤン嫌い”にさえ有無を言わせなかったこともよく分かります。

・チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 op.64
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1971年9月、ベルリン、イエス・キリスト教会[ステレオ]

内容詳細

カラヤン美学満載のチャイコフスキー。スラヴ的といった民族色を払拭し、一音一音を磨き上げ、ダイナミズムを大きくとって、華麗にまとめ上げ、音楽をひとつのドラマとして感動を創り上げる。全盛時の記録のひとつ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
カラヤンはチャイコフスキーを得意としてい...

投稿日:2010/11/26 (金)

カラヤンはチャイコフスキーを得意としていたが、このうち、交響曲第5番は5回もスタジオ録音している。いずれも名演であると思うが、その中でもトップの座に君臨するのは、1971年に録音された本盤であると考える。スタジオ録音であるが、ライブ録音ではないかと思われるほど、劇的な性格を有した豪演と言うことができる。この当時は、カラヤンとベルリン・フィルは蜜月状態にあり、この黄金コンビは至高の名演の数々を成し遂げていたが、本盤の演奏も凄い。金管楽器も木管楽器も実に巧く、厚みのある重厚な弦楽器も圧巻の迫力だ。雷鳴のようなティンパニのとどろきも、他の誰よりも圧倒的。そうした鉄壁の技量とアンサンブルを誇るベルリン・フィルを、これまた圧倒的な統率力で指揮するカラヤンの凄さ。粘ったようなテンポや猛烈なアッチェレランドの駆使、そしてカラヤンには珍しいポルタメントの効果的な活用など、実に内容豊かでコクのあるチャイコフスキーを構築している。惜しいのは、録音がいささか良くない点であり、第4のように、音が歪むという致命的な欠陥はないが、それでも最強奏になった時の音像のあいまいさは、演奏が素晴らしいだけに大変残念な気がする。HQCD化によって、幾分はましになった気がするが、抜本的な改善が図られたわけではなく、大変もどかしい思いがする聴き手は私だけではあるまい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

5
★
☆
☆
☆
☆
HQ CDとして発売されるというので期待して...

投稿日:2010/10/30 (土)

HQ CDとして発売されるというので期待していましたが,とても残念です。EMI Japanのマスタリングルームには,20数年前のCDラジカセしかないのでしょうか?いくら当時のベルリンフィルのコントラバスが重戦車のごとくとは言っても,ありえない低音バランスで咆哮し,音楽を聴くというより再生機器の性能テストをしているようなマスタリングでした。演奏内容はLP時代を知っていることから,最高のはずですが。。。 DG盤を買いなおします。

じみへん さん | 神奈川県 | 不明

4
★
★
★
★
★
今から約30年ほど前、LPレコードで購入し、...

投稿日:2010/10/17 (日)

今から約30年ほど前、LPレコードで購入し、特に終楽章のティンパニ、ホルン、トランペット、トロンボーンのど迫力に仰天したことを今でも覚えています。主部に入って向かって右側から凄まじいティンパニの轟音。コーダに入ってからのホルン、トランペット、トロンボーンの炸裂。何しろこの曲を初めて聞いたのはこの演奏なので、度肝を抜かれました。 その後第6番悲愴を購入。ここでも、第1楽章のピアニッシモとフォルテの圧倒的なダイナミックレンジの広さと演奏芸術の素晴らしさにびっくり。第3楽章後半の怒涛のような迫力。これと対照的なフィナーレの憂愁。何度聞いたかわかりません。そして、第4番も購入。フィナーレのコーダで音割れを発見し、このままでも発売されたほどのできばえであったのかと感動しました。 その後の2度にわたる録音も一部は購入しましたが、このEMI録音には及ばないなあと思いました。

alps さん | 福島県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品