チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第4番、第5番、第6番『悲愴』 カール・ベーム&ロンドン交響楽団(2CD)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4161
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ベーム&LSO/チャイコフスキー後期3大交響曲集

1977年にロンドン交響楽団の名誉会長に推されたカール・ベーム[1894-1981]が、それを記念して録音したチャイコフスキーの後期三大交響曲。中では第4番は、いかにもベームらしい強靭な古典的造型感と明晰性を感じさせる中にも激しい音楽の聴かれるドイツ表現主義風ともいえる演奏です。特に終楽章におけるシンフォニックでありながらも情熱的な世界は必聴の価値があります(第4番にはチェコ・フィルとの凄いライヴもありました)。
 一方、第5番と第6番ではドイツ色はいっそう濃くなり、チャイコフスキーというよりもブラームスとかブルックナーに近い雰囲気さえ漂いますが、交響曲の演奏としては、がっちりした造形と端正なフレージングもあって、たいへん立派なものとなっています。
 ドイツ系の指揮者による純ドイツ風アプローチとしては、ほかにクレンペラーヴァントシュミット=イッセルシュテットケンペなどが知られており、同じドイツ系でも、フルトヴェングラーカラヤンザンデルリングマズアエッシェンバッハなどが、ロシア的表現様式にも配慮した濃厚な演奏を聴かせていたのとは対照的。ベーム・ファン向けの個性的チャイコフスキー・アルバムと言えるでしょう。

チャイコフスキー
交響曲第4番へ短調 op.36
 録音:1977年12月(ステレオ)
交響曲第5番ホ短調 op.64
 録音:1980年5月(デジタル)
交響曲第6番ロ短調 op.74『悲愴』
 録音:1978年12月(ステレオ)
 ロンドン交響楽団
 カール・ベーム(指揮)

内容詳細

ベームにとっては、ちょっと珍しいチャイコフスキーの3大交響曲集。スラブの憂愁も哀愁もないが、チャイコフスキーが目指したドイツ音楽の姿かたちが、ここにはある。ベームならではのチャイコフスキー像。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
生気や覇気に乏しい演奏です。通り一遍の演...

投稿日:2019/12/30 (月)

生気や覇気に乏しい演奏です。通り一遍の演奏なので、チャイコフスキーを聴くには支障はありませんが、魅力に乏しいです。1960年代の精気に溢れた頃のベームさんは聴きごたえがありました。

ウーヤーター さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベームのチャイコフスキーって、何かピンと...

投稿日:2013/07/27 (土)

ベームのチャイコフスキーって、何かピンとこないと思いながらも、図書館にあったので借りて聴いてみました。大感激でした。愛聴していたムラヴィンスキーもどこかへ飛んでいってしまうほどでした。ここには歌がたくさんあって、ベームはしっとりと心に刻み込んでくれます。そしてロンドン交響楽団がすごくうまい!第5番の2楽章のホルンはめったに聴けない美しさです。全3曲とも、私にとってはベスト盤になりました。

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

7
★
★
★
★
☆
「ベームの晩年は鈍重」という印象が強いで...

投稿日:2011/10/05 (水)

「ベームの晩年は鈍重」という印象が強いですが、決してそんなことはありません。 確かにスタイリッシュな演奏ではありませんが、HMVレビューにもある通りソナタ形式を重視したドイツ的なアプローチにより輪郭線のはっきりした重厚な響きになっています。 この解釈は下のレビューにもある通り、カラヤンやムラヴィンスキーのようにロシア的なアプローチをとった演奏家とは一線を隔したもので、とくに「悲愴」はロマンチズム的ではなく、新古典主義的なブラームスの4番の延長上にあるような印象を受けます。 ベームは自分のキャリアの中にチャイコフスキーのレパートリーが無いことを非常に気にしていたようで、DGに対して再三、このチャイコフスキー後期の3作品の録音を希望していたようです。しかし、DG側はベームのチャイコフスキーは売れないと判断していたようで、まして同時期にカラヤンもこの3作品をDGに録音していたので、ベームの出番は無かったようです。それでも再三に渡ってDGに交渉し、ようやくこの時期に名誉会長に就任したロンドン響に白羽の矢が立ったという話しです(ベームがこの録音のために就任したとも言われている)。 本当は独墺のオケと録音したかったのでしょうね、、、 しかし、この演奏についてはロンドン響を起用したのが功を奏しているのかもしれません。 もしもこれが独墺系のオケであれば重厚さを増し、ややもすると鈍重になった可能性は十分に考えられます。 聴けば聴くほど味が出る演奏です。

karajan fan さん | 北海道 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト