チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

交響曲第4番、他 エッシェンバッハ&フィラデルフィア管弦楽団

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODE1104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

エッシェンバッハ&フィラデルフィア/チャイコフスキー4番(SACD)

バルトーク「オケコン」からはじまり順調にリリースを続けているエッシェンバッハ&フィラデルフィア管のシリーズもいよいよ佳境にさしかかり、今回はチャイコフスキーの交響曲第4番。力強く感情的に張り詰めた重厚な交響曲第4番をヴェリゾン・ホールでの響きの良さも影響し、鬼才エッシェンバッハの下で白熱した華々しい演奏で今の“フィラデルフィア・サウンド”を聴かせてくれます。第1 楽章の冒頭のファンファーレを骨太に圧倒的に聴かせ、悲劇的な「運命主題」を濃密にどろどろと描き出し、苦悩と運命への勝利をあらわした第4 楽章では再び現れる第1 楽章のファンファーレからコーダへの急速な終結には圧巻です。
 また第5番でもカップリングされていた『四季』の続きも収録。幻想的なエッシェンバッハのピアノが、思いもかけないような贈り物のように聴こえます。エッシェンバッハはパリ管と今秋来日予定。(キングインターナショナル)

【収録情報】
チャイコフスキー:
・交響曲第4番ヘ短調 op.36
・『四季』 op.37bより(7月-草刈り人の歌、8月-収穫、9月-狩、10月-秋の歌、11月-トロイカで、12月-クリスマス)

 フィラデルフィア管弦楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮、ピアノ)
 録音:2006年3月、11月 フィラデルフィア、ヴェリゾン・ホール(ライヴ)
 SACD Hybrid
 Stereo/Multichannel

収録曲   

  • 01. 交響曲第4番 第1楽章:Andante Sostenuto
  • 02. 第2楽章: Andantino in modo di canzona
  • 03. 第3楽章: Scherzo
  • 04. 第4楽章: Finale
  • 05. 『四季』Op.37b 7月-草刈り人の歌
  • 06. 8月-収穫
  • 07. 9月-狩
  • 08. 10月-秋の歌
  • 09. 11月-トロイカで
  • 10. 12月-クリスマス

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
皆さんのコメント通りですね。確かに録音は...

投稿日:2017/07/24 (月)

皆さんのコメント通りですね。確かに録音は良いがスタンダード。フィラデルフィアも年を経て大人しくなったのか?指揮者の影響でしょうか?明るい響きは良しとして、もう少し激しく、突き抜けてほしかったところ・・・。録音に★4つ

とくちん さん | 熊本県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
さすがビッグ5ですねエッシェンバッハの指...

投稿日:2009/12/15 (火)

さすがビッグ5ですねエッシェンバッハの指揮でも上品で重厚な演奏になってしまいますね。仕事の都合で携音やSACDプレーヤーにヘッドフォンを差し込んで聞いていますが本当は休みの日にはスピーカーを鳴らしたい思いです。チャイ4は過去何回も聴きましたがこのフィラデルフィア盤は急がずシットリで異色ですね評価が分かれますよ。私はもうちょっと速いのを聴きつけているので4星とします。ピアノは文句ありません本来ピアニストですから、名陶芸家が夫婦茶碗を冗談で作る気持ちで叩いたに違いありません。言い過ぎでしょうか、でもいい演奏です。

翔鶴 さん | 山口県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
チャイ4は個人的に凄く好きな曲なので結構...

投稿日:2008/07/28 (月)

チャイ4は個人的に凄く好きな曲なので結構なコレクションをしているのだが、またまたスタンダードと呼ぶに相応しい演奏が加わった。客を入れたライヴ収録でありながら各パートの分離や残響の自然な拡がりは申し分なく、また非常にハイスピードかつワイドレンジ、そして超高解像度な録音だ。ある程度以上のクォリティを備える装置で聴かないと威力は発揮しない。

MusicArena さん | 神奈川県横浜市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品