チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

SHM-CD

交響曲第6番『悲愴』 カラヤン&ウィーン・フィル

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4758
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

カラヤン定盤
チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』


チャイコフスキーを大変得意としていたカラヤンの、生涯に7度の正規録音を遺した『悲愴』の最後となったもの。ウィーン・フィルと絶妙の演奏を繰り広げています。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 op.74『悲愴』

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1984年1月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

チャイコフスキーを好んで演奏したカラヤンが7度にわたって録音した交響曲第6番「悲愴」。本作はその最後の録音となる84年のもの。晩年の録音だが、張り詰めた緊張感のなか気迫のこもった演奏が繰り広げられている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
4
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
これはチャイコフスキーにおけるカラヤン美...

投稿日:2014/03/14 (金)

これはチャイコフスキーにおけるカラヤン美学の結晶だ。

ムサイシス さん | 三重県 | 不明

2
★
★
★
★
★
前回、ウィーンフィル&マゼールでレビュー...

投稿日:2014/02/01 (土)

前回、ウィーンフィル&マゼールでレビュー述べた。あれはあれでパワフルで思い切りある演奏だったが、本来の悲愴からはかけ離れていた感じ。悲愴といえば行きつくところはウィーンフィルではこの演奏になる。カラヤンのベルリンフィル日本ラスト公演のCDもあるが、それはあまりにも重くそれから見てはこちらの方が健康的感はある。つまり安定感というのだろうか。かつての完璧を求めたものではないが、ウィーンフィルならではの妖しい弦の響き・・全編において美しくも哀しい

アッキ さん | 茨城県 | 不明

2
★
★
★
★
★
冒頭のファゴットの何と重く暗いことか。こ...

投稿日:2013/05/29 (水)

冒頭のファゴットの何と重く暗いことか。この出だしだけで、この曲はこんなにも重く暗い一面があったのかと、あらためて思い知らされた。そして、美しくメランコリックなチャイコ節はうねるように歌われ、聴かせどころへの盛り上げと頂点でのエネルギーの炸裂はすさまじい。カラヤンは全く老いていない。しかし、静かで澄み切ったエンディングは、最晩年のカラヤンの心境を映し出しているかのよう。マエストロとウィーンPOの至芸に、敬意と感謝を表したい。

なごやん さん | 愛知県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品