チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第5番、序曲『嵐』 ヴィット&ポーランド国立放送交響楽団

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550716
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

チャイコフスキー:
・交響曲第5番ホ短調 Op. 64
・序曲ニ長調 Op.76『嵐』

 ポーランド国立放送交響楽団
 アントニ・ヴィット(指揮)

 録音時期:1992年11月23-25日
 録音場所:ポーランド放送コンサート・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Tchaikovsky: Symphony No. 5, Op. 64: I. Andante - Allegro con anima (15:09)
  • 02. II. Andante cantabile, con alcuna licenza (13:38)
  • 03. III. Valse: Allegro moderato (05:39)
  • 04. IV. Finale: Andante maestoso - Allegro vivo (12:19)
  • 05. Overture, Op. 76, The Storm (14:16)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まさしく正統派のチャイコフスキー5番。 ...

投稿日:2021/03/10 (水)

まさしく正統派のチャイコフスキー5番。 交響曲としての構造美を味わえる演奏です。 この曲の名盤は数多あると思いますが、私には小澤 / BSO の演奏と並んで5番のスタンダードになっています。堅実な表現で真っ直ぐに音楽が進んでいきますが、聴かせどころのツボは充分押さえていて、2楽章のカンタービレの美しさは特筆ものですし、4楽章も引き締まった響きで威風堂々と締めくくります。 マエストロは一昨年の名古屋フィル定期でもこの曲を取り上げましたが、活き活きとした素晴らしい演奏でした。 皆さんも是非ヴィトの演奏を聴いてみてください。おすすめします。

rela-cla88 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
愛聴盤です。ホルンのソロなど美しさの極み...

投稿日:2010/10/25 (月)

愛聴盤です。ホルンのソロなど美しさの極み。曲を大きく捉えて余裕をもって演奏してる。オケも指揮者も音楽を楽しんでる。幸せな時間が流れている。様々な指揮者でこの曲を聴いてきたが、いつもここに帰って来てしまう。あたたかい、本当にあたたかい演奏なのです。ぜひ、手許に置いておいてください。

silver さん | 東京都 | 不明

5
★
★
★
★
★
これはいろいろな意味で名演奏。うわさには...

投稿日:2008/05/24 (土)

これはいろいろな意味で名演奏。うわさには聞いていたが素晴らしい。演奏は伸び伸びしていて緩急があり、チャイコフスキーの五番に求められる力感、抒情性がくっきり出ている。オケが技術的に一流の域で、しかも東欧系の深みのある暖かな固有の音色がある。音楽はドイツ的でもロシア的でもなく彼等の美感が反映された立派なもの。カラヤン・スベトラノフ・ムラヴィンスキーに個性は少々及ばないが、やはり出色の演奏。アバドに比べたらずっとよい。 また録音がいい。オケのバランスが自然で融合音も美しい。デジタル臭くない。 ナクソスを一段低く

函館ハンチャン さん | 函館 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品