チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

SACD

交響曲第3番『ポーランド』 小林研一郎&ロンドン・フィル

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00506
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

チャイコフスキー:交響曲第3番『ポーランド』
小林研一郎&ロンドン・フィル


交響曲第4番で始まった小林研一郎&ロンドン・フィル、チャイコフスキー交響曲全集第2弾は、交響曲第3番ニ長調 Op.29。前作同様、名門「アビー・ロード・スタジオ」での完全セッション収録です。
 ポーランドの舞曲「ポラッカ」のリズムが使用された部分があるため『ポーランド』とも呼ばれる交響曲第3番は、ピアノ協奏曲第1番と同じ時期に書かれた30代半ばのチャイコフスキーによる旋律美にも恵まれた5楽章構成の力作。
 小林研一郎はこの作品を得意としており、CDでもこれまでにチェコ・フィル、アーネム・フィル、日本フィルと録音していました。今回は準備万全のセッション録音ということで、サウンド面での魅力にもさらに大きな期待のかかるところです。(HMV)

【収録情報】
チャイコフスキー:
・交響曲第3番ニ長調 Op.29『ポーランド』

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 小林研一郎(指揮)

 録音時期:2013年2月26-28日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード・スタジオ
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

内容詳細

コバケン&LPOによる全集の第2弾は、小林自身が名録音を重ねてきた得意の第3番。ド迫力の熱い演奏を想像したがあにはからんや。楽章ごとに、あるいはフレーズごとに繊細な表情を作りながら、それらが大きな流れとなっていくという緻密な構成。LPOのクリアな音色も美しい。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
☆
☆
☆
☆

1.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
やっと編集ミスに気がついた人が出てきまし...

投稿日:2014/08/22 (金)

やっと編集ミスに気がついた人が出てきました。正確に言うと第1楽章の23小節の後半と24小節の前半が欠落しています。バカバカしくなって、それ以降は聴いていないので、もしかするとその先にも編集ミスがあるかもしれません。そもそもオクタヴィアはポニーキャニオン時代にも大きな編集ミスをし(朝比奈のベートーヴェンの交響曲全集中、第7番の第3楽章)、それもうやむやに終わらせています。その他、唐突に始まったり、セッション録音なのに大きな雑音が入っていたりとか、おかしなCDは色々とあります。要するに、仕事が雑なんでしょう。

夜明けのすずめ さん | 千葉県 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
これは欠陥商品です。 第1楽章の始めの...

投稿日:2014/08/05 (火)

これは欠陥商品です。 第1楽章の始めの部分に明らかに1小節抜けている部分があります。 編集の時に起こったミスでしょうか。 曲をあまり知らない人だと気付かないかもしれませんが、マエストロ小林の白熱の実演も聴いて大変気に入り、相性の良い曲だと思い期待して買いましたが、上記の1小節抜けで見事につまづいてしまい、大変に意気消沈しております。 マエストロ小林は1小節抜けている事実をご存知なのでしょうか?承知の上でCDの販売を許可されているなら問題ないでしょうが、制作者側のミスであればリコールものです。まずはマエストロ小林とロンドンフィルへの謝罪をされる事を希望します。 同時に、このような欠陥商品を流通させる事が、結果的に販売店にも迷惑をかけるということをオクタヴィアレコードは自覚しているのでしょうか。エクストンレーベルは立ち上げの時より音質が良いので沢山愛聴してきましたが、流石に今回の1小節抜けには失望しました。 購入したのはHMVさんではない所ですが、HMVさんにもこの事実を知って頂きたいと思い、レヴューに掲載させていただきました。 HMVさんのクラシックご担当の方がこのレヴューを見て頂いている様でしたら、是非スコア片手にチェックして頂きたいと思います。 オクタヴィアレコードさんは、先ずは事実確認をしっかりして頂き、今回の1小節抜けに対しての見解を世間にしっかりと公表して頂きたいと思います。ただでさえCD全体の消費が落ち込む中、このような欠陥商品を出されては益々買う気が無くなってしまいます。どうぞ自分で自分の首を絞めるような事だけはして頂きたくありません。 そして、これから販売されるCDに同じ様な欠陥が発生しないように何度もチェックをして頂き、質の良いCDの販売をして頂きたいと思います。

プロメテウス さん | 大阪府 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品