CD 輸入盤

交響曲全集、マンフレッド交響曲、管弦楽曲集 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ&ロンドン・フィル、ナショナル交響楽団、他(6CD)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029586924
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


チャイコフスキー:交響曲全集、マンフレッド交響曲、管弦楽曲集(6CD)
ロストロポーヴィチ&ロンドン・フィル、ナショナル交響楽団、他


指揮者ロストロポーヴィチの傑作、チャイコフスキーの交響曲全集が復活。1927年生まれのロストロポーヴィチは、1961年、34歳の時に指揮者としてデビューしており、このチャイコフスキー全集の頃にはキャリアも十分に蓄積済み。しかもこのときのロストロポーヴィチは、祖国ソ連をあとにした直後ということもあってか、演奏はセッション・レコーディング離れした熱気を孕んだものとなっており、雄大で濃厚、ときに異様なまでの力に満ちたその演奏の聴きごたえには凄いものがあります。
今回の復活にあたって、1999年にロンドン交響楽団を指揮した『憂うつなセレナード』と、1988年にワシントン・ナショナル交響楽団を指揮した『1812年』、および1985年にチェロ独奏を受け持った『ロココの主題による変奏曲』というエラート・レーベル制作音源を追加収録しています。各ディスクは、オリジナル・デザイン仕様の紙ジャケに封入。解説書は付属しておりません。(HMV)

【収録情報】
チャイコフスキー:
1. 交響曲第1番ト短調 Op.13『冬の日の幻想』
2. 交響曲第2番ハ短調 Op.17『小ロシア』
3. 交響曲第3番ニ長調 Op.29『ポーランド』
4. 交響曲第4番ヘ短調 Op.36
5. 交響曲第5番ホ短調 Op.64
6. 交響曲第6番ロ短調 Op.74『悲愴』
7. マンフレッド交響曲 Op.58
8. 幻想序曲『ロメオとジュリエット』
9. 幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Op.32
10. 憂うつなセレナード Op.26
11. 序曲『1812年』 Op.49
12. ロココの主題による変奏曲Op.33 (収録順は変更がある場合があります)

 マキシム・ヴェンゲーロフ(ヴァイオリン:10)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(1-9)
 ロンドン交響楽団(10)
 ワシントン・ナショナル交響楽団(11)
 ボストン交響楽団(12)
 小澤征爾(指揮:12)
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮:1-11、チェロ:12)

 録音時期:1976-1977年(1-9)、1999年(10)、1988年(11)、1985年(12)
 録音方式:ステレオ(アナログ:1-9、デジタル:10-12)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Symphony No. 1,'Winter Daydreams', Op. 13: I. Allegro tranquillo; Poco pi animato
  • 02. Symphony No. 1, "Winter Daydreams", Op. 13: II. Adagio cantabile ma non tanto
  • 03. Symphony No. 1, "Winter Daydreams", Op. 13: III. Scherzo (Allegro scherzando giocoso)
  • 04. Symphony No. 1, "Winter Daydreams", Op. 13: IV. Finale (Andante lugubre - Allegro moderato - Allegro
  • 05. Symphony No. 2 in C Minor, "Little Russian", Op. 17: I. Andante sostenuto - Allegro vivo
  • 06. Symphony No. 2 in C Minor, "Little Russian", Op. 17: II. Andantino marziale, quasi moderato
  • 07. Symphony No. 2 in C Minor, "Little Russian", Op. 17: III. Scherzo (Allegro molto vivace)
  • 08. Symphony No. 2 in C Minor, "Little Russian", Op. 17: IV. Finale (Moderato assai - Allegro - Presto)

ディスク   2

  • 01. Symphony No. 3 in D Major,"Polish", Op. 29: I. Moderato assai (Tempo di marcia funebre) - Allegro br
  • 02. Symphony No. 3 in D Major,"Polish", Op. 29: II. Alla tedesca (Allegro moderato e semplice)
  • 03. Symphony No. 3 in D Major,"Polish", Op. 29: III. Andante elegiaco
  • 04. Symphony No. 3 in D Major,"Polish", Op. 29: IV. Scherzo (Allegro vivo)
  • 05. Symphony No. 3 in D Major,"Polish", Op. 29: V. Allegro con fuoco - Tempo di polacca
  • 06. Romeo and Juliet, Overture-Fantasy, TH 42

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ロストロ、若々しい演奏ですね。元気いっぱ...

投稿日:2017/12/15 (金)

ロストロ、若々しい演奏ですね。元気いっぱいという感じです。ロココの主題を聴くと、やはり本業はチェリストだな、と思います。憂鬱なセレナード、ヴェンゲローフがヴァイオリン、これも良い演奏ですね。

健忘舎 さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ロストロポーヴィチはカザルス以降、もっと...

投稿日:2017/12/03 (日)

ロストロポーヴィチはカザルス以降、もっとも偉大なチェリストの一人だと思っているが、このチャイコフスキーを聴くと指揮者としてもすばらしい。それはお国ものを振っている熱い情熱を感じるからかも知れない。実は第三番ポーランドは70年代に新譜で発売されたときに購入していて、ずっと愛聴していた演奏。改めて聴き直してもやはりいい。チャイコフスキーの交響曲は第四番〜第六番悲愴の後期三大交響曲が圧倒的人気だが、前期の作品群も魅力的でなかなかの佳曲だ。交響曲以外の管弦楽曲も立派な演奏。オリジナルジャケットも美しい。(国内発売のときはこれとは別でしが)こんなに安いならすでに他の演奏で全集を持っていても、素晴らしい演奏なので購入しても損ではないと思う。

johnbach さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
ずいぶん低価格なので、購入。演奏は、洗練...

投稿日:2017/05/27 (土)

ずいぶん低価格なので、購入。演奏は、洗練されたもので、特別ロシア風とは感じられない。ロシアの演奏家のチャイコフスキーはプレトニョフの5番6番 を聞いたが、同様に洗練され均整な演奏で、かなり以前からインターナショナルな芸風が支配的になっているようである。この全集曲によるできばえにもムラがなくいい演奏だと思いました。録音も鮮明、ただ音場の広がりは狭めで、チャイコフスキーとしては、もっと広がりのある音場の録音が好ましかった。

プリン さん | 奈良県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品