CD

ピアノ協奏曲第1番、ロメオとジュリエット(コンピューターによる演奏) 春口巌(プログラミング)、ヴィエナ・インスツルメンツ

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DCJA21016
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

たった一人が創りあげたチャイコフスキー。
コンピューター・ソフトを駆使して生まれた、こんなにもヒューマンな音楽。


「Vienna Instrumentsも元々はウィーンの楽士たちの生演奏を素材としているが、チャイコフスキーの音楽の再現に当たっては春口が指揮者、個々の楽員、ピアノ独奏者のすべてを1人で演じている。ピアノ協奏曲第1番には独奏、オーケストラの「合わせ」の難所がいくつかあり、ここでは完璧に一致する。再現される音楽には、春口の熱い思いが溢れかえる。テクノロジーを駆使し、演奏家のエゴを排除した状態が達成された結果、1人の生身の人間の音楽観が聴き手の耳元、心の中に曇りなく届く。一種、パラドックスと言える体験は予想外の驚きだった。」 池田卓夫 ライナーノートから(DISC CLASSICA)

【収録情報】
チャイコフスキー:
・ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 作品23
・幻想序曲『ロメオとジュリエット』

 春口巌(プログラミング)
 ヴィエナ・インスツルメンツ

【春口巌 はるぐちいわお プロフィール】
東京大学理学部数学科卒業、ITメディア系エンジニアとしての道を歩み始める。ビジュアルサイエンス研究所で主任研究員を務め、音楽(MIDIによる演奏情報)をリアルタイム・コンピュータグラフィクスで可視化するソフトウェア「サウンドビジュアライザー」を研究開発。これは現在のVJソフトの先駆けとも言えるものだった。
その後、東京造形大学で教鞭を取るようになる。コンピュータグラフィクスを教える傍ら、学生の映像作品に自ら作曲した音楽を付け、その作品が国際学会SIGGRAPHに入選するなど、音楽制作にも注力する。
社会人になってから取り組んできたコンピュータ音楽歴は20年を超える。当初はDTM音源を使い、クラシック音楽だけでなく様々なジャンルの音楽を演奏、クラシック音楽の分野では、チャイコフスキー、ベートーヴェン、バッハ、ラヴェル等のピアノ曲や管弦楽曲作品を多数制作している。
2000年頃、Vienna Symphonic Library社がTASCAM社のソフトウェアサンプラーGiga Studio用の音源として発売したORCHESTRAL CUBEにより、クラシック音楽を本格的にコンピュータで演奏表現する可能性を見いだす。2005年にVienna Symphonic Library社が新たに開発したVienna Instrumentsによるオーケストラ音源に出会うことにより、更なる表現の可能性を求め、現在は専らこの音源によるクラシック音楽の制作を行っている。
現在、尚美学園大学芸術情報学部・大学院教授、東京工芸大学大学院非常勤、女子美術大学非常勤。芸術科学会理事、情報処理学会会員、日本音響学会会員、日本映像学会会員。(DISC CLASSICA)

内容詳細

“たった一人が創り上げた”というキャッチフレーズがリアルに響く。4台のコンピュータを駆使して“演奏を創り上げた”。音色はもとより強弱やオケとピアノの対比や融合感覚は、ライヴ演奏で聴いた感触に限りなく近い。誰しもが描く夢を実現させた“歴史的”アルバムの登場である。(弘)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
本当は数ある名演の相当数が、きちんと全て...

投稿日:2012/07/08 (日)

本当は数ある名演の相当数が、きちんと全ての音を弾いていないのでは?という疑いを、まあ持ちつつも「なるほどなー」と感じたチャコのPコン。やっぱり師のルビンシュテインが「演奏不可能」と言ったのは正鵠を得ていたのかもしれない。全ての音が音価通りに鳴った時、どう響くか。ぜひ一度その壮絶な音響世界をコンピュータで味わって欲しい。ただロメジュリは難しそうに聞こえるが、オケの各パーツは意外と単純。まあ指揮も難しそうだが、無理をせず、きちんと拍を採っていれば、だいたい纏まる。で、コンピュータでやる必要もなく、また出来映えもそれなりで、残念ながらアウト。評価としてPコンは最高で、ロメジュリは久々の一つ星。ということで総合的には+−の4星だが、このPコンは是非、一聴を。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
同じ曲を聴いていてもこれほど違いを感じる...

投稿日:2010/12/22 (水)

同じ曲を聴いていてもこれほど違いを感じることはありませんでした。とても癒やされました!購入してよかったです!このアルバムは本当に皆さんにお勧めしたいです!感動しました。自分もピアノを弾くのでいろんな演奏家の演奏を聴いてきましたが、とにかく音がきれいでピュアな感性と彼の美しい心を感じました。音楽を愛し、オリジナル曲では自然を愛する心が強く感じられ、当たり前に目が見える私たちより彼の方が豊かな心を持っていると思わされました。当たり前の事に感謝すること、自然を大切にすることなど、このCDを聴いて色々考えさせされました。是非聴いて見てください !

呂広全 さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品