LPレコード 輸入盤

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(原典版)、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第2番 リナス・ロス、トマス・ザンデルリング (2枚組/180グラム重量盤レコード)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CC72840
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

CD、SACDで高品質な録音をリリースしてきたChallenge Classicsが、シリアルナンバー付き限定生産のLPをリリースします。音源として選ばれた
のはSACDハイブリッド(CC-72689)で発売されている、「演奏不能」と言われたオリジナル版のチャイコフスキーを収録した貴重盤でもあるリナス・
ロスのヴァイオリン協奏曲集。当レーベルのベストセラーのひとつです。LP化はレーベルのエンジニアで、アナログ時代からの長いキャリアを持つEric
Stom氏が手掛けました。最高品質のデジタルマスターを用いて圧縮することなくLPに刻むことで、アナログテープとはまた違った素晴らしい音響効果を
生む製品が出来る、と彼は語っています。プレスはオランダのRecord Industry社、カッティングにはノイマンVMS70が使われています。最新のデジタル録音から作られた注目のアナログ盤。オーディオ・ファンにもお勧めです。

[LP1]
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第2 番 嬰ハ短調 Op.129
(A 面:第1・2 楽章、B 面:第3 楽章)
[LP2]
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35(オリジナル版)
(A 面:第1・2 楽章、B 面:第3 楽章)

リナス・ロス(ヴァイオリン;1703年製ストラヴディヴァリ「Dancla」)
トマス・ザンデルリンク(指揮)
ロンドン交響楽団
録音:2016年5月2-4日/ロンドン、LSOセント・ルークス

(メーカーインフォメーションより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品