チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

SACD

チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番、第6番『悲愴』、ドヴォルザーク:交響曲第8番 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(2SACDシングルレイヤー)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPGS10044
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

チャイコフスキー:後期3大交響曲集、ドヴォルザーク:交響曲第8番(SACDシングルレイヤー)
ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル


ワーナークラシックスの強力音源を厳選し、最新の海外リマスター音源より発売するシングル・レイヤー盤。収録時間のメリットを生かして、LP、CD、ハイブリッド盤では2枚となっていた音源を1枚に収録。高音質とお買い得感がポイントのシリーズ第1弾3点中のアイテム。(メーカー資料より)

【収録情報】
Disc1

1. チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36
2. チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64

Disc2
3. チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 Op.74『悲愴』
4. ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88, B163
5. ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第8番ト短調 Op.46-8

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1971年9月16-21日(1-3) 1979年1月2,3日(4,5)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会(1-3) フィルハーモニー(4,5)
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 SACD Single Layer
 SACD対応プレイヤーで再生できます。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第1楽章:アンダンテ・ソステヌート~モデラート・コン・アニマ
  • 02. 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第2楽章:アンダンティーノ・イン・モード・ディ・カンツォーナ
  • 03. 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第3楽章:スケルツォ.ピッツィカート・オスティナート (アレグロ)
  • 04. 交響曲 第4番 ヘ短調 作品36 第4楽章:フィナーレ (アレグロ・コン・フォーコ)
  • 05. 交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第1楽章:アンダンテ~アレグロ・コン・アニマ
  • 06. 交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第2楽章:アンダンテ・カンタービレ、コン・アルクーナ・リチェンツァ~モデラート・コン・アニマ
  • 07. 交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第3楽章:ワルツ (アレグロ・モデラート)
  • 08. 交響曲 第5番 ホ短調 作品64 第4楽章:フィナーレ (アンダンテ・マエストーソ~アレグロ・ヴィヴァーチェ)

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」 第1楽章:アダージョ~アレグロ・ノン・トロッポ
  • 02. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」 第2楽章:アレグロ・コン・グラツィア
  • 03. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」 第3楽章:アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
  • 04. 交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」 第4楽章:フィナーレ (アダージョ・ラメントーソ~アンダンテ)
  • 05. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 B163 第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
  • 06. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 B163 第2楽章:アダージョ
  • 07. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 B163 第3楽章:アレグレット・グラツィオーソ
  • 08. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 B163 第4楽章:アレグロ・マ・ノン・トロッポ
  • 09. スラヴ舞曲 第8番 ト短調 作品46の8

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
☆
カラヤンのチャイコフスキー3大交響曲の録...

投稿日:2021/03/03 (水)

カラヤンのチャイコフスキー3大交響曲の録音では、この録音が最も覇気に溢れ素晴らしい演奏だと思う。録音に難があることは長年言及されてきたが、SACD化である程度の改善はされているので、この演奏が好きな人は持っていても悪くはない。ドヴォルザーク8番の方は旧録デッカ盤の叙情的な演奏よりも劇的な表出が強くなっており、何度も再録音してもあまり解釈が変わらないカラヤンにしては珍しい。ただし、同社のSACD「新世界」の項にも書いたが、この曲は絶対に新世界の77年録音との組み合わせにするべきである。カップリングを変更して、更にグリーンコートレーベル音匠仕様にして再発すれば、好事家は皆買い直す筈なのに甚だ残念だ。

トロ さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
演奏そのものには以前から親しんでいますし...

投稿日:2013/12/29 (日)

演奏そのものには以前から親しんでいますし、定評あるところなので縷言の必要はないでしょう。当方もこの演奏がSACDになったというまさにそこのところに期待してこのアルバムを購入した次第です。で、問題の音質ですが、正直なところ期待したほどの改善や成果はなかったな、というところです。やはりもともとの録音に問題があるのでしょう。教会の中で大オーケストラが爆演を展開したせいで音響が飽和してしまって、かえって迫力を殺いでしまったような音です。混濁もあって細部もやや聴きとりにくいですな。また、セッションでのカラヤンによくあるスタイルですが、打楽器をやや抑えさせており(実演だと“やり過ぎ”なのに)、ティンパニもやや引っ込みがちだし、シンバルの鳴りも悪い。演奏自体は毎度のカラヤンのチャイコフスキーで、豪快でかつ強靭な抒情が特徴の立派なもので、もちろん充分に堪能できるものであります。但し、SACDとしての成果は期待したほどではないというのが感想であります。テンシュテットのマーラー交響曲第6番のような面目一新の快挙とはなりませんでした。甚だ残念。下の点もその反映であります。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

5
★
★
★
★
★
カラヤンはチャイコフスキーの後期交響曲を...

投稿日:2013/06/15 (土)

カラヤンはチャイコフスキーの後期交響曲を何回も録音していますが、ベルリンフィルとの相性が一番良い時代のこのEMI盤が一番傑出しているとも言われています。当時のベルリンフィルの木管群が最も充実していた頃で、金管や弦に圧倒されず独特の音色を保っています。ドイツグラモフォンの録音に比べるとやや細部が不明確に聞こえる感が否めなかったEMI録音ポリシーでしたが、SACDでそこのマイナス面が多少なりとも挽回されていると思います。

MUSAKONOKEN さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品