チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

DVD 輸入盤

チャイコフスキー:『イオランタ』全曲、ストラヴィンスキー:『ペルセフォネ』 セラーズ演出、クルレンツィス&マドリード王立劇場(2012 ステレオ)

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TR97011DVD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

マドリード王立劇場2012
チャイコフスキー:『イオランタ』&ストラヴィンスキー:『ペルセフォネ』
セラーズ演出、クルレンツィス指揮


【収録情報】
・チャイコフスキー:歌劇『イオランタ』全曲(歌唱:ロシア語)
 イオランタ(レネ王の娘):エカテリーナ・シェルバチェンコ(ソプラノ)
 ボデモン伯爵:パヴェル・ツェルノフ(テノール)
 レネ王:ドミトリー・ウリアノフ(バス)
 医師イブン・ハキア:ウィラード・ホワイト(バリトン)
 ロベルト:アレクセイ・マルコフ(バリトン)
 ベルトラン:パヴェル・クディノフ(バス)
 アルメリク:ヴァシリー・エフィノフ(テノール)
 マルタ:エカテリーナ・セメンチュク(アルト)
 ラウラ:レティティア・シングレトン(メゾ・ソプラノ)

ストラヴィンスキー:メロドラマ『ペルセフォネ』(歌唱:フランス語)
 ペルセフォネ:ドミニク・ブラン(語り)
 エウモルフェ:ポール・グローヴス(テノール)
 アムリタ・パフォーミング・アーツ(ダンス)
 ヤング・シンガース・オブ・ザ・JORCAM

 マドリード王立劇場管弦楽団&合唱団
 テオドール・クルレンツィス(指揮)

 演出・映像ディレクター:ピーター・セラーズ
 装置:ゲオルギー・ツィーピン
 衣装:マーティン・パクレディナス&ヘレン・シーブリッツ
 照明:ジェームズ・F・インガリス

 収録時期:2012年
 収録場所:スペイン、マドリード王立劇場(ライヴ)

・特典映像:『光を探して:イオランタとペルセフォネについての洞察』

 総収録時間:187分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCM Stereo、DTS 5.1ch
 字幕:英、西、仏、独、伊
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
『イオランタ』は大好きな作品だが、きわめ...

投稿日:2013/03/30 (土)

『イオランタ』は大好きな作品だが、きわめて至純なメルヒェンなので、下手をするとただのお涙頂戴物語で終わってしまう。その点ではソ連時代のオペラ映画も1982年ボリショイでの上演記録も満足にはほど遠かった。しかし、これはセンスの良い演出と鋭敏な指揮による素晴らしい上演。舞台はジャケ写真にある通り、鳥の羽根のような装飾が付いた扉の枠だけが置かれた象徴的なものだが、セラーズ演出は歌手を下から照らすフットライトを効果的に使って「闇から光へ」の物語を説得力豊かに見せる。クルレンツィスは私が最初に聴いたショスタコの交響曲第14番以来、何を振ってもある種の表現主義をはっきりと刻印する指揮者だが、それは派手な大芝居を仕掛けるというのとは違って、表現を徹底的に磨き上げた結果、これまで何とも思わなかった細部が雄弁に語り始めるというものだ。本作でも、イオランタが盲目であることにヴォデモンが気づいた後の、弦の胸をえぐるような響きなど、実に素晴らしい。フィナーレに挿入される無伴奏の聖歌風合唱(私の所有する三種のCD、二種の映像のどれにもこの部分はない。別作品からの挿入か?)の繊細さもまた絶妙だ。シェルバチェンコ、チェルノホの主役コンピ以下、歌手陣はみな好演。特にムーア人の医者(中世はイスラム圏の方が先進国だったのだ)を演じるウィラード・ホワイトが上演に一段の重みを添えている。 これに続いて全く同じセットで演じられるのはストラヴィンスキーの『ペルセフォネ』。冥界の王ハーデスにさらわれた娘ペルセフォネを母のデーメテルらが救い出そうとする、ギリシア神話による一時間ほどの「メロドラマ」。ただし、ハーデスの妻になったペルセフォネは毎年、秋から冬にかけては冥府に住まねばならず、春になると「光」の世界に戻ってくる。語り部のエウモルペ(テノール)が盲目の男性と設定され、イオランタと同じ白い杖を持たされることで、前の演目との関連づけが図られている。ジイドのフランス語台本を語るペルセフォネ(語り役)にはカンボジア古典舞踊のダンサーが「ダブル(分身)」として付く。

村井 翔 さん | 愛知県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品